「G.I.ジョー バック2リベンジ」壮絶ニンジャ・バトル映像が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月20日 > 「G.I.ジョー バック2リベンジ」壮絶ニンジャ・バトル映像が公開!
メニュー

「G.I.ジョー バック2リベンジ」壮絶ニンジャ・バトル映像が公開!

2013年5月20日 15:55

3Dアクションの醍醐味を味わえる必見シーン!「G.I.ジョー バック2リベンジ」

3Dアクションの醍醐味を味わえる必見シーン!
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
Hasbro and its logo, G.I. JOE
and all related characters are Trademarks
of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アルマゲドン」「ダイ・ハード」シリーズを超え、ブルース・ウィリス出演作史上最大のオープニング成績で全米初登場No.1を獲得した「G.I.ジョー バック2リベンジ」から、同作のクライマックスのひとつ、ヒマラヤ山脈での4分間にわたる壮絶な“ニンジャ・バトル”映像が公開された。

公開となったのは、仇敵ストームシャドー(イ・ビョンホン)を追って、G.I.ジョーの最強ニンジャ戦士スネークアイズ(レイ・パーク)と女ニンジャ・ジンクス(エロディ・ユン)がヒマラヤ山腹の僧院を襲撃するシーン。異変を感じて飛び出そうとするストームシャドーの前に、因縁のライバル、スネークアイズが立ちはだかり、一瞬の静寂の後に、手裏剣、格闘、銃撃、サイが次々と繰り出される激しい戦いが展開する。

激闘の末にストームシャドーの動きを封じたスネークアイズたちだが、ストームシャドーを連れ去ろうとすると敵の赤いニンジャ軍団が迫る。退路を断たれた2人が突破口として選ぶのは、ヒマラヤの断崖絶壁をワイヤーで駆け下りるという大胆なプラン。落下すれば即死の高所に張られたワイヤーを高スピードで駆け抜けながら、追っ手のニンジャたちとも戦いを繰り広げ、さらには垂直に切り立った絶壁でワイヤーに吊られ、重力を無視したアクロバティックなソード・アクションを披露する。

驚くべきは、この絶壁のニンジャ・バトルが、CGではなく実際に撮影された映像で構成されているという点。CGでの描写は必要最低限に抑えられ、実際にヒマラヤの山奥に機材を設置し、数カ月間にわたって大がかりな撮影が行なわれたという。スタント・コーディネーターを務めたスティーブ・リッチは、「見た人はきっと何から何までCGで作られていると思うだろうけど、大部分は実際に撮影されたものなんだ。山腹にワイヤーを備え付け、ヘリコプターや雪上車で何度も往復して機材を運んだ。本当にすごい現場だったよ」と証言している。また、ストームシャドーとスネークアイズのファイト・シーンも、そのほとんどを実際にイ・ビョンホンとパーク自らが熱演し、生々しいリアリティが追求された。

G.I.ジョー バック2リベンジ」は、組織壊滅の危機にさらされた国際機密部隊“G.I.ジョー”が、ブルース・ウィリス扮する伝説の司令官“初代ジョー”をリーダーに迎え、巨大テロ組織“コブラ”の暴走に立ち向う姿を描く。6月8日から全国で公開。

G.I.ジョー[DVD] G.I.ジョー[DVD] 最安価格: ¥927 ハイテク兵器を装備した最強チーム“G.I.ジョー”が、世界各国を舞台に壮大なバトルを繰り広げるノンストップ・アクション!
ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> ブルー...[Blu-ray/ブルーレイ] ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> ブルー...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ブルース・ウィリス主演の人気アクション『ダイ・ハード』シリーズ第5弾!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi