青山真治監督が田中慎弥の芥川賞受賞作を映画化「共喰い」特報が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月26日 > 青山真治監督が田中慎弥の芥川賞受賞作を映画化「共喰い」特報が公開!
メニュー

青山真治監督が田中慎弥の芥川賞受賞作を映画化「共喰い」特報が公開!

2013年4月26日 17:00

「共喰い」ティザービジュアル「共喰い」

「共喰い」ティザービジュアル
(c)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]作家・田中慎弥氏の芥川賞受賞作を、青山真治監督が菅田将暉主演で映画化した「共喰い」の特報動画とティザービジュアルが公開された。

昭和最後の年の山口県下関市を舞台に、父とその愛人と川辺の町に暮らす高校2年生の遠馬のひと夏の物語。性行為の最中に相手を殴る父と同じ血を受け継ぎ、爆発しそうな性的欲求を抱えて生きる遠馬と、彼を取りまく女たちの関係を描き、暴力と性、人間の奥底に潜む闇をあぶりだす。荒井晴彦が脚本を手がけ、映画では原作にはないオリジナルのエンディングが用意されている。共演は木下美咲篠原友希子光石研田中裕子ら。

映画製作時には「小説『共喰い』こそが一番だと私は思っています。勝負です」と挑戦状を叩きつけていた田中氏だが、完成した映画を見て「私が物語のクライマックス近くに書いた幻想的な場面を、映画は全く違う形で描いています。ここを見た時、ああ、やられた、と思いました」と悔しがりながら感想を語り、「小説の結末を越えたところまで、映画はすくい取ってくれています。それは実のところ、私も書こうとしていたことでした。思い切ってその手前で小説を終らせることで、作家としては達成感がありました。ですが映画はその先を追いかけて、大きな生命力へと到達する女たちを出現させました」と絶賛している。

特報は、蝉しぐれが鳴り響く夏の日、女性を平手打ちする父親の不敵な笑い声、そして女たちの横顔と苦悩する遠馬が映し出され、血と汗の匂いが画面からにじみ出すような仕上がりとなっている。

共喰い」は9月7日新宿ピカデリーほか全国で公開。

路地へ中上健次の残したフィルム[DVD] 路地へ中上健次の残したフィルム[DVD] 最安価格: - 作家・中上健次の「岬」「枯木灘」などの代表作の風景を捉え、中上健次の魂のふるさとを目指す旅。監督:青山真治
シェイディー・グローブ~恋は突然に~[DVD] シェイディー・グローブ~恋は突然に~[DVD] 最安価格: ¥5,184 山真治監督が贈る、ARATA、粟田麗主演によるラブストーリー。間違い電話が生んだ恋の行方を描いている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi