英BBC、トルストイ「戦争と平和」をドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月21日 > 英BBC、トルストイ「戦争と平和」をドラマ化
メニュー

英BBC、トルストイ「戦争と平和」をドラマ化

2013年2月21日 16:00

ハリウッド版「戦争と平和(1956)」の一場面「戦争と平和(1956)」

ハリウッド版「戦争と平和(1956)」の一場面
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英BBCが、ロシアの文豪トルストイの長編小説「戦争と平和」をドラマ化すると発表した。1話1時間×6回のミニシリーズで、2015年の放映が予定されている。

「戦争と平和」は、ナポレオンによるロシア遠征などの歴史的事件を背景に、19世紀初頭のロシア貴族の姿を描いた大河小説。過去に何度も映像化されており、本家ロシアのセルゲイ・ボンダルチュク監督による「戦争と平和(1966)」のほか、キング・ビダー監督のハリウッド版「戦争と平和(1956)」では、オードリー・ヘプバーンがヒロインのナターシャを演じた。

今回のBBC版の脚色にあたるのは、「ブリジット・ジョーンズの日記」の脚本家アンドリュー・デイビス。デイビスは、ジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」を同じくBBCがドラマ化したミニシリーズの脚本家でもある。コリン・ファースがミスター・ダーシーを演じた同シリーズは、数ある「高慢と偏見」の映像化作品のなかでもとりわけ人気が高い。

なお、BBCは72年にも「戦争と平和」をドラマ化しているが、その際にはアンソニー・ホプキンスがピエール・ベズーホフ役で主演した。

戦争と平和【普及版】[DVD] 戦争と平和【普及版】[DVD] 最安価格: ¥7,726 ナポレオン軍を迎え撃つロシア軍は祖国の運命を賭けた決戦にのぞみ、大地を埋めつくす敵味方20万が砲火、銃弾、砂塵、したたる鮮血の中に激突する。出演、監督、脚本:セルゲイ・ボンダルチュク
戦争と平和[DVD] 戦争と平和[DVD] 最安価格: ¥927 19世紀初期、ナポレオン軍のモスクワ侵攻による帝政ロシアでの戦争と混乱の中で人々の生き様を描いた、ロシアの文豪・トルストイの名作を映画化した作品。出演:オードリー・ヘプバーン、監督:キング・ビダー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi