3Dのその先、コロナ「4DX」を日本初導入 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月11日 > 3Dのその先、コロナ「4DX」を日本初導入
メニュー

3Dのその先、コロナ「4DX」を日本初導入

2013年2月11日 21:00

[映画.com ニュース] コロナは、最新の劇場上映システム「4DX(フォーディーエックス)」を日本初導入する。中川コロナシネマワールド(名古屋市)の全12スクリーンのうち、1スクリーンに5月から導入予定。以降は福井(福井県)、福山(広島県)などで順次導入を予定している。

4DXは、3Dのその先「体感型(4D)」を演出するためのシステム。韓国のCJ 4D PLEX社が開発した。4DXで上映される作品は五感を刺激し、観客は映画に深く入り込むことができる。同社は、映画館離れを背景に、作品の良し悪しに関係なく「映画館でなければならない」「映画館でなければ面白くない」といった環境の整備が必要だと判断、4DX導入を決めた。

具体的効果としては、まずシートが挙げられる。映画のアクションシーンなどと完璧にリンクし、前後、上下、左右に可動する。可動域も広い。背中と尻の部分には振動(叩き)装置が搭載される。シートは4席が1セットとなる。

また、座席の背の部分に3つ、前列シートの背面に1つ、劇場の壁面に複数のファンを設置。それらによる風の効果、ミストによる水の効果、何種類もの匂いの効果、フラッシュによる光の効果、他にも天井から一斉に降り注ぐシャボン玉による効果など、様々な演出効果を体感できる。同社は、4DXを通じて、臨場感あふれる「映画そのものの感動、素晴らしさ」を体験してもらえると考えている。

上映作品について、初年度は年間12タイトルを4DXで上映予定。現在、メジャースタジオとの協力関係のもと、多くの洋画が4D化されている。こうした作品は、4DX専用の短編作品ではなく、また過去作を4D化するものでもなく、一般的な新作映画を4D化して新作公開と同時期に上映される予定。本国韓国では2010~12年に、「ホビット 思いがけない冒険」「リンカーン」「アベンジャーズ」など60作品が4DX作品として上映された。4DX作品は2Dおよび3D対応で、別途料金が発生する(料金未定)。(文化通信)

アベンジャーズ 3Dスーパー・セット(4枚組/デジタルコピー &...[Blu-ray/ブルーレイ] アベンジャーズ 3Dスーパー・セット(4枚組/デジタルコピー &...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 地球侵略のカウントダウンが開始された時、人類の未来は、最強の力を持つ7人のヒーローたち、≪アベンジャーズ≫に託された。「4DX」上映作品。
アメイジング・スパイダーマンTM IN 3D[Blu-ray/ブルーレイ] アメイジング・スパイダーマンTM IN 3D[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,074 両親が謎の失踪をとげ、伯父夫婦のもとで育った内気なピーター・パーカーは、ある日遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねた際に蜘蛛にかまれてしまいスーパーヒーローとなってしまう・・・。「4DX」上映作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi