映画芸術科学アカデミー内に衣装デザイナー部門が誕生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月3日 > 映画芸術科学アカデミー内に衣装デザイナー部門が誕生
メニュー

映画芸術科学アカデミー内に衣装デザイナー部門が誕生

2013年2月3日 19:30

[映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)に衣装デザイナー部門が誕生することになったと、The Wrapが報じた。

AMPASには約6000人の会員が所属し、俳優、監督、プロデューサーなど役職に応じた15の部門に分かれている。これまでは、衣装デザイナーは美術部門内の扱いだったが、今後は独立して16番目の部門を形成することになった。

さらに、7年前に設立されたメイク・ヘアスタイリスト部門の理事も、他部門と同様の3人に増えることになり、AMPASにおける衣装デザイナー、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストの発言権が大きくなることになった。

その一方、スタントマンやキャスティング・ディレクター、エージェントらが同アカデミーへの加入を求めてロビー活動を行っている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi