ルーカスフィルム社長、「スター・ウォーズ」エイブラムス監督を口説いた経緯説明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月1日 > ルーカスフィルム社長、「スター・ウォーズ」エイブラムス監督を口説いた経緯説明
メニュー

ルーカスフィルム社長、「スター・ウォーズ」エイブラムス監督を口説いた経緯説明

2013年2月1日 18:00

新「スター・ウォーズ」のメガホンをとる J・J・エイブラムス「スター・ウォーズ」

新「スター・ウォーズ」のメガホンをとる
J・J・エイブラムス
写真:Abaca USA/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新たに製作される「スター・ウォーズ エピソードVII」の監督にJ・J・エイブラムスを起用した、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディが、その経緯をハリウッド・レポーター紙のインタビュー取材で明らかにした。

スティーブン・スピルバーグ監督のアシスタントとしてキャリアをスタートさせたケネディは、プロデューサーとして35年のキャリアを誇るベテランであり、ルーカスフィルムの社長に昨年就任。その最優先課題は、新「スター・ウォーズ」の監督探しだった。

ケネディは、すぐにエイブラムスのエージェントにオファーしたものの、シリーズ第2弾「スター・トレック・イントゥ・ダークネス」が多忙で、さらにパラマウント・ピクチャーズと映画の製作契約を結んでいる関係から、「スター・ウォーズ」の監督を検討できないという返答を受けた。しかし、ケネディはあきらめず、昨年12月14日にエイブラムスの制作会社バッド・ロボットを訪問。エイブラムスに「『スター・ウォーズ』を撮ってください」とストレートに頼んだのだという。

エイブラムス自身は「スター・ウォーズ」の世界に足を踏み入れることに抵抗があったというが、すでに「リトル・ミス・サンシャイン」「トイ・ストーリー3」のマイケル・アーントが脚本執筆を進めており、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」や「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の脚本を手がけたローレンス・カスダンがコンサルタントとして参加していると聞き、態度を軟化させた。

さらに、12月19日に脚本家のアーントとカスダンを交えて3時間にわたる話し合いの結果、監督をする覚悟を決めたのだという。エイブラムスは、「僕がすぐに学んだのは、キャシー(キャスリーンの愛称)が才能にあふれているだけでなく、非常に説得力があるということでした」と振り返る。「すでに存在するフランチャイズを引き受けることには、もう興味がありませんでした。でも、キャシーに会ったら、突然とても魅力的になってきたんです」

ケネディは、エイブラムスが14歳のころから面識がある。子ども時代のエイブラムスが8ミリ映画のコンテストで優勝した際、その新聞記事をスピルバーグ監督が発見。スピルバーグは子ども時代に撮っていた8ミリ映画の修復をエイブラムスに依頼し、ふたりの間を取り持ったのが当時アシスタントだったケネディだったのだ。

エイブラムスとの契約が完了したのが、年が明けて1月25日。希望の監督との契約を終えたいま、ケネディの目標は15年までに新「スター・ウォーズ」第1弾を完成させることだという。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。未公開シーンや別テイクシーンなど、ファン垂涎の『スター・ウォーズ』アーカイブを合計30時間以上収録のボーナス・ディスク3枚付!
スター・トレック[Blu-ray/ブルーレイ] スター・トレック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.J.エイブラムス監督による未体験のアクション・アドベンチャー!伝説のキャプテンを父に持つ若者ジェームズ・T・カークは、偉大な父親の道をたどることを決意し、一士官候補生としてUSSエンタープライズ号に乗船する。ところが宇宙へ出航した連邦艦隊の前に、父を亡き者にしたロミュラン人の巨大宇宙艦が現れる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi