ベルリン映画祭銀熊賞受賞作「東ベルリンから来た女」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月9日 > ベルリン映画祭銀熊賞受賞作「東ベルリンから来た女」予告編公開
メニュー

ベルリン映画祭銀熊賞受賞作「東ベルリンから来た女」予告編公開

2012年11月9日 17:00

「東ベルリンから来た女」ポスター画像「東ベルリンから来た女」

「東ベルリンから来た女」ポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2012年ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞、2013年アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表に選出された「東ベルリンから来た女」(クリスティアン・ペッツォルト監督)の予告編が、ベルリンの壁崩壊から23年を迎える明日11月10日を前に公開された。

舞台はベルリンの壁崩壊9年前の東ドイツ。田舎町の病院へ赴任してきた美しい小児科医バルバラ(ニーナ・ホス)は、西側で暮らす恋人のもとへ脱走する計画を進めていた。しかし、東で誠実な医者の男に出会い、バルバラは医師としての自分を求められている東の生活と、自由で豊かな西への生活、そして二人の男性の狭間で揺れ動く。秘密警察の監視のもと、孤独なヒロインが決断を下すまでの日々が、サスペンスタッチで描かれる。

予告編では、逃走資金を隠し持ち、密かに森の中で恋人に会うバルバラの姿や非情な秘密警察の行動など緊張感のある展開が繰り広げられるほか、西の恋人との生活が近付くなか、東の男性医師にも引かれていくヒロインの揺れる心が美しい映像で映し出されている。

東ベルリンから来た女」は2013年1月公開。

ベルリン陥落1945[DVD] ベルリン陥落1945[DVD] 最安価格: ¥2,864 1945年のベルリン空襲時にジャーナリストが手記した日記を基に映画化。1945年4月。ドイツ軍にかつての昂揚感はなく、国全体を暗い喪失感が覆っていた。陥落間際のベルリンでは、ドイツ軍が姿を消した後もそこに住み続けていた女性達が、ソ連軍の格好の標的となっており、主人公もその例外ではなかった。しかし、彼女は自らソ連軍の将校の愛人になることで安全を確保する…。出演:ニーナ・ホス
白いリボン[DVD] 白いリボン[DVD] 最安価格: - 第一次大戦前夜のドイツ北部のとある村を舞台に、次々と起こる不可解な事件と、そこで暮らす人々の心の中に潜む悪意や憎しみを鮮烈に描いた、ミヒャエル・ハネケ監督が贈るミステリー・ドラマ。「東ベルリンから来た女」のライナー・ボック出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi