少女同士のキスシーンに「中学生らしくない」と思わずNG : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月23日 > 少女同士のキスシーンに「中学生らしくない」と思わずNG
メニュー

少女同士のキスシーンに「中学生らしくない」と思わずNG

2012年10月23日 13:00

「少女と夏の終わり」監督とキャスト「少女と夏の終わり」

「少女と夏の終わり」監督とキャスト
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第25回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門に出品されている「少女と夏の終わり」が10月22日、会場となるTOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、主演の菅原瑞貴、上村愛、そし石山友美監督がティーチインに臨んだ。

石山監督にとっては、本作が長編デビュー作。小さな山村に暮らす女子中学生の心身の成長を、ユーモアを交えて瑞々しく描き出す。主人公の少女の名前は瑞樹(みずき)で、演じた菅原とは一字違い。「最初は『同じ名前だ!』って思いました。年下だけど、自分とは違う経験をしてきた子で私にできるか不安でした。でも監督が『そのままでいいよ』と言ってくれました」とはにかんだ。

瑞樹の姉は強姦され殺されており、姉が殺害された時と同じ年齢に達した瑞樹は自らの体の成長に戸惑いを見せる。菅原は、「体の成長の問題は経験した者にしか分からないもの。自分の過去をほじくり返しながら演じました」と述懐。菅原と上村は人見知りだといい、親友という間柄を演じるにもかかわらず上村は「最初に会ったときは『仲良くなれるかな?』と思っていました(笑)」と明かす。

そんな2人が冒頭でいきなりキスをする姿が映し出されるが、撮影は「なるべく2人が仲良くなってから」(石山監督)行われたという。石山監督は、「2人とも肝がすわっていて、『やって』と言ったらパーンっとやってくれました」と称賛。上村は「最初に撮ったやつは、仲良くなり過ぎていたみたいで、監督に『中学生っぽくない』と言われてNGになりました」と苦笑交じりに振り返った。

本作のキャストの9割がプロの俳優ではなく、シニア劇団の役者や監督の人脈で集められた。演技指導について尋ねられた石山監督は、「“演技指導”という言い方は正直、ピンと来ないですね。エキストラではなくて立派な出演者と思っているので、一人ひとりと話をするように努めて、この人たちをどう撮ったら面白くなるかを考えました」と全てのキャスト、役柄への強い愛着を口にした。

客席には石山監督の中学、高校時代の友人も駆けつけ、花束を手渡すサプライズも。現時点で劇場公開は未定だが、「自分で劇場を回ったりして、この作品を多くの人に見てもらえるように大きくしていきたい」と力強く語っていた。

Lost&Found[DVD] Lost&Found[DVD] 最安価格: ¥2,052 年齢も性別も異なる、駅で行き交う人々が、そうとは知らずに“落し物”を介して誰かと“つながっていく”群像ドラマ。出演:菅原瑞貴
沈黙の春を生きて[DVD] 沈黙の春を生きて[DVD] 最安価格: ¥1,642 25回東京国際映画祭上映作品。戦場であったベトナムにおいて散布された枯葉剤の影響により、いまだに苦しんでいるベトナム・アメリカ双方の子供たちの困難と勇気を描くドキュメンタリー。監督:坂田雅子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

Lost&Found[DVD] Lost&Found[DVD]最安値: ¥2,052 リュウグウノツカイ[DVD] リュウグウノツカイ[DVD]最安値: ¥2,896
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi