小津安二郎を研究した気鋭監督、デビュー作の映画祭お披露目に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月21日 > 小津安二郎を研究した気鋭監督、デビュー作の映画祭お披露目に感激
メニュー

小津安二郎を研究した気鋭監督、デビュー作の映画祭お披露目に感激

2012年10月21日 17:15

日本映画・ある視点部門に選出された 「はなればなれに」「はなればなれに」

日本映画・ある視点部門に選出された
「はなればなれに」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第25回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門に出品された「はなればなれに」が10月21日、東京・六本木ヒルズで公式上映され、下手大輔監督、城戸愛莉斉藤悠中泉英雄が舞台挨拶に立った。

名匠・小津安二郎監督の研究を行ってきた下手監督の長編デビュー作。ひょんなことから出会った3人の若者が、人生の目標を見失いながらも、海辺の旅館で共同生活を始める姿を描く。メガホンをとった下手監督は、映画祭出品に「本当にありがとうございます。この映画にかかわったひとりひとりが献身的に協力してくれたおかげで、初上映を迎えることができました」と感激しきりだった。

東京を飛び出し、新たな生活をスタートさせる若者を演じた役者陣は「本当にこの大きな映画祭に参加できてうれしく思います。こういうことを感じてほしいということが強い映画ではないので、ごゆるりと楽しんでください」(城戸)、「大きな舞台でこれだけ多くの方に見ていただけることをうれしく思います。『撮りたいことの95%を撮ることができた』と監督が話していたので、楽しんでいただければ」(斉藤)とアピールした。

今作は、最小限のセリフと生演奏とラジオに限定したBMG、ワンシーンワンカットでの撮影というシンプルな構成にこだわり、心の距離感をリアルに描写した。コンペティション部門に出品された「黒い四角」(奥原浩志監督)にも出演している中泉は、「セリフも最小限で音楽も生だけということで、『寝るか』となってしまうと困る」と笑いを誘いながらも、「下手監督の妙なポップさや軽快さが反映されている」と見どころを語った。

東京物語[DVD] 東京物語[DVD] 最安価格: - 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、戦後の変わってしまった家族の関係を描く傑作ドラマ作品。
カミュなんて知らない[DVD] カミュなんて知らない[DVD] 最安価格: - 柳町光男監督が、殺人の衝動と倫理、生と死の本質という難題を投げかける青春サスペンス・ドラマ。出演:中泉英雄

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi