藤原竜也&松田龍平、初共演の豊田組で見出した新たな自分 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月31日 > 藤原竜也&松田龍平、初共演の豊田組で見出した新たな自分
メニュー

藤原竜也&松田龍平、初共演の豊田組で見出した新たな自分

2012年8月31日 12:40

初共演を果たしたふたり「I'M FLASH!」

初共演を果たしたふたり
写真/キム・アルム
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生きることへの希望と絶望。日常に潜む心の闇を、過激な映像で表現し続けてきた豊田利晃監督。そんな豊田監督は、「ナイン・ソウルズ」でタッグを組んだ故原田芳雄さんの葬儀をきっかけに、「I'M FLASH!」を製作した。豊田作品への参加を熱望してきた藤原竜也をはじめ、松田龍平ら豊田組おなじみのキャストが顔をそろえ、生と死の駆け引きを鮮やかに形にしている。孤独が渦巻く濃厚な作品で、初共演を果たした藤原と松田は、互いのなかに何を見たのだろうか。

新興宗教団体の教祖ルイは、端正なルックスと「死がすべて救いである」という教えを説き、カリスマ的人気を獲得している。しかし、ある事件をきっかけに生と死を目の当たりにし、生のまばゆさにとらわれていく。対する新野風は、物語の引き金を引く存在として現れる。

豊田監督いわく、藤原演じるルイは“神”であり、松田扮する新野は“悪魔”だ。死による救済をうたうルイの周りには死があふれているが、本人が死ぬことはない。それに対して、神など心のよりどころを持たない新野は、極めて現実的であり、死を与えることができる唯一の存在である。ふたりはひかれ合いながら、それぞれの命をかけ対じすることになる。ルイと新野という相反するキャラクターは、矛盾しているようでどちらも豊田監督を投影している。


画像2

(C)2012「I'M FLASH!」製作委員会
[拡大画像]

「ルイはいろんな面を持っていて、人間として面白い。はっきりとした孤独を抱え、ひとりで生きている。この作品のなかでの僕のキャラクターは、水中では自己を解放することができるが、陸に上がれば受け入れられない現実が待ち受けている。セリフの一言一言に、豊田監督と近い部分があるキャラクターなんじゃないかなと思いました」(藤原)

「行動から、わかりやすい感情が出る役ではなかった。台本を読む段階ではなく、現場で役に入っていきましたね。ルイとの関係性は、撮影しているなかでわかっていった感じでした。台本を読んだとき、ルイは人間離れしているイメージだったけど、藤原くんの演技を見たら、人間くさくてピュアで、感情が揺さぶられている人だった。だからこそ、ルイの人間らしい部分に影響を受ける新野というキャラクターがイメージできたんです」(松田)

ふたりは、作品づくりを通して、ルイと新野とは違った形で信頼関係を築いた。過酷な撮影となっただけに「監督が長い道のりを経て、よく完成させてくれたなと思います。これだけのメンバーで、いい作品をつくってくれたという事実がうれしい」(藤原)と感慨もひとしおだ。豊田監督をよく知る松田は、「作品としてエンタテインメントをつくろうっていう豊田さんなりの挑戦が感じられたから、役をやるなかで手伝えたらいいなと思った。台本がすごくシンプルな話だったからこそ、自分の視界をもう少し広げて見ることを意識していきたかった」とこれまで以上の意気込みで臨んだ。

I'M FLASH!」は、9月1日から全国で公開。

豊田利晃 Early Years BOX<ポルノスター/アンチェイン/ナイン・ソウルズ>[DVD] 豊田利晃 Early Years BOX<ポルノスター/アンチェイン/ナイン・ソウルズ>[DVD] 最安価格: ¥9,874 映画界の異端児”豊田利晃監督の「ポルノスター(R-15指定)」「アンチェイン」「ナイン・ソウルズ(PG-12指定)」の初期3作品を収録。( ナイン・ソウルズ)出演:原田芳雄 /松田龍平、監督、脚本:豊田利晃
井上ひさし追悼公演 黙阿弥オペラ[DVD] 井上ひさし追悼公演 黙阿弥オペラ[DVD] 最安価格: ¥4,385 2010年4月9日に逝去した井上ひさしの追悼公演として、7月18日から8月22日まで紀伊國屋サザンシアターで行われた「黙阿弥オペラ」DVD化。出演:藤原竜也

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi