総制作費2000万円!「プロメテウス」が地下鉄と驚がくタイアップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月7日 > 総制作費2000万円!「プロメテウス」が地下鉄と驚がくタイアップ
メニュー

総制作費2000万円!「プロメテウス」が地下鉄と驚がくタイアップ

2012年8月7日 16:26

旧表参道駅ホームに出現したミステリー・ステーション「プロメテウス」

旧表参道駅ホームに出現したミステリー・ステーション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エイリアン」「グラディエーター」の巨匠、リドリー・スコット監督が満を持して放つミステリー超大作「プロメテウス」の公開を記念し、実際の地下鉄の駅を利用した大規模タイアップが8月6日から行われていることがわかった。

「『プロメテウス』ミステリー・ステーション」と名付けられた、東京メトロ銀座線とのコラボレーションは、現在は使用されていない銀座線・旧表参道駅ホームに、期間限定で「プロメテウス」仕様のプラットホームを特別に出現させるという試み。同作のボードに加え、メインビジュアルのモチーフにもなっている巨大な人型の顔のオブジェが立ち並ぶ総制作費2000万円のビッグプロモーションは、同線の表参道~渋谷間の車内から確認でき、すでに同所を通過する乗客をどよめかせている。

日本公開に先駆けた5月のフランス公開時には、パリの地下鉄9号線のストラスブール=サン=ドニ駅とレピュブリック駅との間に「プロメテウス」駅が登場、大きな注目を集めた効果が初登場第1位の大ヒットスタートへと結実した。配給元の20世紀フォックスは、日本公開においても「この驚がくのプロモーションを実現させたい」と熱望。約半年前に、日本でも同様のことができる「使用しなくなった駅」を探すところから企画をスタートさせ、“旧表参道駅ホーム”の存在に到達。関係各署との調整を進め、実施の約1カ月前に「GOサイン」を取りつけた。巨大オブジェは約3週間の急ピッチで制作され、8月4、5日の終電後から始発までの限られた時間で設置が進められた。

プロメテウス」は、地球上の遺跡が“人類の創造主からのメッセージ”であることを突き止めた科学者チームが、未知なる惑星で“人類の起源”という壮大なミステリーに挑む姿を描く。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のノオミ・ラパスをヒロインに、スコット監督ならではの圧倒的なスペクタクル映像が3Dで展開される。8月24日から全国公開。「『プロメテウス』ミステリー・ステーション」は、8月12日まで。

エイリアン[DVD] エイリアン[DVD] 最安価格: ¥1,229 突如宇宙船を襲ったエイリアンの恐怖を描いた大ヒットSFホラー。監督:リドリー・スコット
ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] 最安価格: ¥3,175 背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットと共に事件の裏に潜む忌まわしい真実を暴き出す。出演:ノオミ・ラパス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi