エマ・ワトソン、エロティック小説映画化に主演報道は寝耳に水 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月1日 > エマ・ワトソン、エロティック小説映画化に主演報道は寝耳に水
メニュー

エマ・ワトソン、エロティック小説映画化に主演報道は寝耳に水

2012年8月1日 18:00

エマ・ワトソンは寝耳に水だったようで……「ドラゴン・タトゥーの女」

エマ・ワトソンは寝耳に水だったようで……
写真:Photoshot/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカやイギリスの女性たちに人気沸騰中の官能小説「Fifty Shades of Grey」を映画化する企画が進行中だが、本作の主演候補と伝えられているエマ・ワトソンが、噂について口を開いた。

ロンドン在住の主婦E・L・ジェームズが執筆した処女作「Fifty Shades of Grey」は、女子大生アナスタシア・スティールと、27歳の大富豪クリスチャン・グレイの関係を、過激なSM描写を交えて描いた。オーストラリアの小規模電子出版サイトから刊行したところ瞬く間にベストセラーとなり、今年3月に各スタジオの争奪戦の末にユニバーサル&フォーカス・フィーチャーズが映画化権を獲得した。

映画化が進むのと並行して、主人公2人を誰が演じるのかインターネット上で話題になっていたが、先週アナスタシア役として「ハリー・ポッター」シリーズを卒業した清純派女優エマ・ワトソンの名前が急浮上。すでに主演交渉に入っていると報じられた。

これについて、米EWのインタビューで真相を聞かれたワトソンは「ちょっと待ってよ」と語り、「私はまだ原作も脚本も、何も読んでいないの。まだ1本の(オファーの)電話も受けていないのに、私が出演することになっている映画がたくさんあるわ。『ドラゴン・タトゥーの女』のときもそうよ。脚本さえ読んでいなかったのに!」と明かした。同時に、「誰かが私の出演について書いたとして、毎回私がそれについて否定したり、声明を発表するつもりはないわ」と話している。

多忙なワトソンは、新作「The Perks of Being a Wallflower(原題)」が9月20日に全米公開されるほか、ソフィア・コッポラ監督「The Bling Ring(原題)」が先日クランクアップ。現在は、ダーレン・アロノフスキー監督「Noah(原題)」に取り組んでいる。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2[DVD] ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2[DVD] 最安価格: - J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化したシリーズ最終章の第二部!出演:エマ・ワトソン
ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,738 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi