映画初主演の笹峯愛「大変だったことはお酒が飲めなかったくらい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月20日 > 映画初主演の笹峯愛「大変だったことはお酒が飲めなかったくらい」
メニュー

映画初主演の笹峯愛「大変だったことはお酒が飲めなかったくらい」

2012年5月20日 06:00

公開初日を迎えた「彼女について知ることのすべて」「彼女について知ることのすべて」

公開初日を迎えた「彼女について知ることのすべて」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家・佐藤正午の小説を映画化した「彼女について知ることのすべて」が5月19日、東京・渋谷のユーロスペースで封切られ、主演の笹峯愛三浦誠己井土紀州監督が初日舞台挨拶に登壇した。

原作は、「永遠の1/2」「リボルバー」などの映画化作品でも知られる作家・佐藤正午の恋愛小説。平凡な毎日を送っていた教師の鵜川(三浦)は、恋人・美千代の後輩で謎めいた美女メイ(笹峯)と出会い恋に落ちるが、その日から鵜川の日常は狂い始めていく。

本作で映画初主演を果たした元「ブラン娘」(TBS系「王様のブランチ」レポーター)の笹峯は、「現場はハードだったけど、大変だったことはお酒が飲めなかったくらい。飲んでいる場合じゃないって感じだったので」とあっけらかん。濃厚なラブシーンにも挑んでいるが、「そのシーンありきでお話をいただいたし、演じる側は他のシーンと区別していない。それよりもこの原作がどのような映画になるんだろうって考えていた」と冷静だった。

三浦は気弱で頼りない男に扮し、「とにかくチャレンジしてみようという気持ちで、ふだんの自分が画面に出ないように心がけていた。うまくつかめない部分も監督に指導してもらい、自分なりに納得して演じられた」と新境地を開拓。話題が集中しがちなラブシーンも「芝居の延長線上で、キスや手をつなぐことと同じ生活の一部。カメラマンと監督を信用して一生懸命やるだけだった」と真摯(しんし)に語った。

本作で商業映画デビューを果たした井土監督は、「この映画を通してずっと考えていたことは、男は変わらないけど女は変わっていくということ。僕の主観だけど、ある意味それが男女の心理じゃないかな」と持論を展開。そして、「役者が素の自分と演じる役が同じなんてありえないけど、演出ではあるものを引出しながらあるものを消さないといけない。三浦君がいかに好青年に、笹峯さんが男から見て魅力的な女にうまく描けていたらうれしい」とアピールした。

ニセ札[DVD] ニセ札[DVD] 最安価格: ¥2,074 昭和26年3月、最初のニセ千円札が東京で発見された。小学校元校長が主犯格で、日本史上最大のニセ札偽造事件と呼ばれた、村ぐるみで計画された大事件。この事件を通して、キム兄流に世知辛い世の中を風刺する。脚本:井土紀州ほか。
NIKKATSU COLLECTION リボルバー[DVD] NIKKATSU COLLECTION リボルバー[DVD] 最安価格: - 一挺のリボルバーを巡って織り成す様々な人間模様を、リボルバーの持つ一触即発の起爆力、危険性といったイメージを背景に横たわらせつつ描いた作品。原作:佐藤正午

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi