哀川翔「夜12時過ぎると変になる」 共演者が次々暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月23日 > 哀川翔「夜12時過ぎると変になる」 共演者が次々暴露
メニュー

哀川翔「夜12時過ぎると変になる」 共演者が次々暴露

2011年10月23日 11:47

BeeTV史上初の劇場公開となった「目を閉じてギラギラ」「目を閉じてギラギラ」

BeeTV史上初の劇場公開となった「目を閉じてギラギラ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の哀川翔が10月22日、主演作「目を閉じてギラギラ」の初日舞台挨拶を東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行った。早寝早起きで知られる哀川は、「まだ眠くないよ」と午後9時前の舞台挨拶に余裕の表情だったが、綾野剛ら共演者からは「翔さんは夜の12時を過ぎると変になる」と撮影中のエピソードが次々と暴露された。

綾野は「12時過ぎると(セリフを)かんじゃいけないところで、よくかんでいた」と哀川の失敗談を披露。共演したお笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉も「僕は畑違いなので緊張していたが、夜遅くなると、翔さんがたくさんNGを出してくれて安心した」と振り返った。当の哀川も「12時過ぎると、変に力んじゃって(笑)」。格闘シーンの相手役を務めた三浦誠己が「めちゃくちゃ痛かったです。将来、何か脳障害があったら責任を取ってもらいますから」と訴える場面もあった。

携帯向け動画配信サービス「BeeTV」で配信されたドラマを劇場公開。暴力を嫌い、人情味あふれる“お説教”を武器に裏社会を生き抜いた元ヤクザで、今は貸金業を営む希崎望(哀川)のもとに、定職に就かず借金まみれの元天才球児・八木沢剛太(綾野)が転がり込み、人生立て直しに奮闘する。メガホンをとった冨永昌敬監督(「乱暴と待機」)は「さっき、BeeTV史上初めて劇場公開される作品だと聞いて、光栄に思っている。携帯と劇場、繰り返し楽しんでいただける作品だと思っている」とアピールした。

ゼブラーマン[DVD] ゼブラーマン[DVD] 最安価格: ¥1,080 哀川翔、映画・ビデオでの主演100本目の記念作品。 宮藤官九郎出演作品。
SS-エスエス- プレミアム・エディション[DVD] SS-エスエス- プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,175 東本昌平の人気コミックを、哀川翔主演で映像化した超絶カーアクション!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi