2011年のアメリカの映画入場料が史上最高額に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月11日 > 2011年のアメリカの映画入場料が史上最高額に
メニュー

2011年のアメリカの映画入場料が史上最高額に

2012年2月11日 09:00

[映画.com ニュース] 2011年のアメリカの映画入場料が史上最高額になったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

映画興行主の業界団体National Association of Theatre Ownersの発表によると、2011年の映画入場料の平均は7ドル93セントで、前年の7ドル89セントからわずかながらアップ。3D映画やIMAX映画など特別料金が上乗せされた映画が人気を集めたためとみられている。2011年の総興行収益は推定102億ドルで、前年より4%のダウン。動員数は5%ダウンしている。

チケット代の高騰により観客の足が映画館から遠のいたという批判があるが、劇場主側はハリウッドが制作する映画の質に問題があると反論している。

なお、平均入場料の算出には、子供料金や通常料金より安く設定されているマチネ料金などすべての入場料が含まれているため、大人通常料金はずっと高い。

ツリー・オブ・ライフ ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ツリー・オブ・ライフ ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 2011年カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールに輝いた感動作。寡作で知られる孤高の天才テレンス・マリック監督が6年ぶりにメガホンを握り、荘重で幻想的な映像をふんだんに織り込みながら、数十年にわたる父と息子の葛藤を描く。
SUPER 8/スーパーエイト[DVD] SUPER 8/スーパーエイト[DVD] 最安価格: - スティーヴン・スピルバーグ製作のもとJ・J・エイブラムズが監督をつとめたSFサスペンス。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi