前野健太、松江哲明監督の作詞は「秋元康ばりに素晴らしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月11日 > 前野健太、松江哲明監督の作詞は「秋元康ばりに素晴らしい」
メニュー

前野健太、松江哲明監督の作詞は「秋元康ばりに素晴らしい」

2011年12月11日 05:00

松江哲明監督の作詞を絶賛した前野健太「トーキョードリフター」

松江哲明監督の作詞を絶賛した前野健太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「あんにょん由美香」「ライブテープ」など、意欲的な作品を発表し続ける松江哲明監督の最新ドキュメンタリー映画「トーキョードリフター」が12月10日、東京・渋谷のユーロスペースで公開初日を迎え、主演のミュージシャン・前野健太と松江監督が舞台挨拶に立った。松江監督は、「映画は1本1本が子どもみたいなものだけど、この作品は特別に思い入れが強い。これまでは自らの動機が強く、“僕”という主語で作ってきたが、今回は初めて焦りから作った。こういう映画は2度とできないかもしれない」と感無量の面持ちだった。

東日本大震災直後の2011年5月、節電や原発事故による放射線への見えない恐怖が取り巻くなか、ネオンが消えて暗く沈んだ東京の夜を歌いながらさすらう前野の姿を追ったドキュメンタリー。第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞を受賞した「ライブテーブ」でも主演を務めた前野は、「ライブで訪れた広島にいる時に松江さんから電話があった。声のトーンが変わり、『夜の東京で一緒に遊びませんか?』と言われ、『来たな』と思った」と述懐。「即答はできなかったが、松江さんは人をのせるのが本当に上手。その電話からいまだにドリフトし続けている」と話した。

震災時は日本を離れていた松江監督は、「高円寺のデモに出て、石原(慎太郎)都知事が再選した時、“強い東京”というのに違和感を覚えた。僕には暗い東京が魅力的に見えたし、人間は弱いというのを実感した時期だった。そういう大きな声ではなく、声にならない声を表現したかった」と製作の意図を語った。

エンディング曲でもある「トーキョードリフター」を作詞した松江監督は、「実は大江千里さんにあこがれていて、歌を歌う人になりたかった。だから前野さんのオファーはうれしかったし、お世辞でほめる人ではないので気負いはなかった」と明かした。前野は、「僕は勝手にひとりで背負い込んでいたので、松江さんにも共犯者になってほしかった。松江さんの詩は秋元康さんばりに素晴らしかった。きっとふだんから書いていてポエム帳とか持ってるんじゃないか」と話し、会場の笑いを誘った。

あんにょん由美香[DVD] あんにょん由美香[DVD] 最安価格: ¥4,104 AV女優としてキャリアをスタートし、ピンク映画やテレビ、一般映画を問わず出演し活躍した今は亡き伝説の女優、林由美香。松江哲明監督が、韓国へと旅立ち林由美香の足跡を辿るドキュメンタリー。
ライブテープ コレクターズ・エディション[DVD] ライブテープ コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,071 松江哲明監督が、ミュージシャン・前野健太の熱唱を74分ワンカットで撮影した音楽映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi