J・デップ「ローン・レンジャー」監督外し画策するディズニーに抵抗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月4日 > J・デップ「ローン・レンジャー」監督外し画策するディズニーに抵抗
メニュー

J・デップ「ローン・レンジャー」監督外し画策するディズニーに抵抗

2011年9月4日 07:32

バービンスキー監督外しは断固拒否!「ローン・レンジャー」

バービンスキー監督外しは断固拒否!
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西部劇「ローン・レンジャー」の実現に向けて、米ウォルト・ディズニーがジレンマに悩まされているとDeadlineが報じた。

ローン・レンジャー」とは、アメリカの往年のラジオドラマ(のちにテレビドラマ化)の映画化で、主人公ローン・レンジャーには「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマー、相棒トントにはデップの出演が決定していた。プロデュサーはジェリー・ブラッカイマー、監督にはゴア・バービンスキーと、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のスターとスタッフが再結集した注目作であり、2012年12月21日の全米公開に向けて今秋にクランクインする予定だった。

しかし、ディズニーは8月中旬に製作準備をストップ。原因は2億5000万ドルを超える製作費で、宣伝費やデップ、ブラッカイマーの高額のロイヤリティを考慮すると、ディズニーが利益を出すためには世界興収8億ドルを超えるヒットとなる必要がある。西部劇はもともと人気のあるジャンルではないうえに、今夏全米公開された「カウボーイ&エイリアン」の全米興行成績がかんばしくなかったために、ディズニーは急遽、製作を棚上げした。

ただし、ディズニーとしてはドル箱スター、ジョニー・デップ主演映画は大歓迎のため、高額の製作費を要求するバービンスキー監督を外して、安価な西部劇として製作する腹づもりでいたというが、関係者によれば、デップがバービンスキー監督以外での「ローン・レンジャー」への出演を拒否。ディズニーは難しい判断を迫られることになったという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi