「ヘルドライバー」西村喜廣監督、客席の声に応じふんどし一丁に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月23日 > 「ヘルドライバー」西村喜廣監督、客席の声に応じふんどし一丁に
メニュー

「ヘルドライバー」西村喜廣監督、客席の声に応じふんどし一丁に

2011年7月23日 22:29

ひとりだけ裸なのが西村監督「ヘルドライバー」

ひとりだけ裸なのが西村監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日活が立ち上げた海外配給専門レーベル“THE SUSHI TYPHOON(スシ・タイフーン)”から生まれた異色ゾンビアクション「ヘルドライバー」が7月23日、東京・銀座シネパトスで公開初日を迎え、メガホンをとった西村喜廣監督(「東京残酷警察」)をはじめ、原裕美子波岡一喜柳憂怜らキャスト陣が舞台挨拶に登壇。西村監督は客席からの「脱げ」コールに乗せられて、ふんどし姿で挨拶に臨んだ。

舞台はある事件を機に多くの人間がゾンビと化した近未来の日本列島。事件の当事者である母親によって父親を殺され、自らの心臓も奪われた少女キカ(原)が、謎の組織によって人工心臓を埋め込まれ、日本刀型のチェーンソーを武器にゾンビ軍団と壮絶バトルを繰り広げる。憎き母親への復しゅうを果たそうとするキカの運命を描く。

西村監督は「とにかくゾンビで遊びたかった」。絵コンテの段階で3500カットあったといい「まるでジブリみたいだなって。撮影中もこれ以上撮れないという限界に挑み、1日で300カットを撮ったことも」と過酷な現場を振り返った。VFXスーパーバイザーの鹿角剛司も「結局全編で800カットくらい。『SPACE BATTLESHIP ヤマト』でさえ700カットなのに」とあきれ顔だ。

主演の原は「精神的にも肉体的にも追い詰められて、『このままじゃ死んじゃう』って生命の危機を感じたほど。何とか生きていたので良かった」と述懐。それでも「いっぱい血が出たし、いっぱいゾンビを殺しました」と清々しい表情だった。

同日、銀座シネパトスでは「AVN エイリアンVSニンジャ」「極道兵器」「デッドボール」「ヘルドライバー」の4作品が揃って封切られ、各作品のスタッフ、キャストが舞台挨拶を敢行。劇場ロビーに設置されたUSTREAMサテライトを拠点に、挨拶や場内の様子が約12時間にわたって全世界に配信された。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi