庵野秀明「プロデューサーは楽でいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月24日 > 庵野秀明「プロデューサーは楽でいい」
メニュー

庵野秀明「プロデューサーは楽でいい」

2011年7月24日 11:06

トークショーを行った庵野秀明と平野勝之監督「監督失格」

トークショーを行った庵野秀明と平野勝之監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 庵野秀明が初の実写映画プロデュースを手がけた「監督失格」(平野勝之監督)の公開を記念したトークイベントが7月23日、東京・池袋の新文芸坐で行われた。庵野は「プロデューサーは楽でいいなって思いました。お金のことはともかく、内容に責任を取らなくていいし、言いたい放題。監督のほうが数10倍大変ですよ」と発言。その上で「今まですべてをひとりでこなしてきた平野監督に、別のやり方で新しい場所に行ってほしい、変わってほしいという気持ちがあった」と、プロデュースを買って出た理由を説明した。

2005年に34歳という若さで急逝した女優・林由美香を題材にしたドキュメンタリー。林さんの元恋人である平野監督が、ふたりの約15年間にわたる記録と、林さんの死後に新撮した映像を通して、自身の喪失と再生に向き合う姿が赤裸々に描かれる。平野監督にとっては、11年ぶりの新作。これまで複数の企画がとん挫してきただけに、「10年、20年かけてやっと1本完成するような作品。僕のことは嫌いになっても、由美香のことは好きになってもらえるはず」と自信をみなぎらせる。

しかし、完成までの道のりは「最悪でしたね」(平野監督)。一方の庵野は「撮り終えた後で、とやかく言われる状況をあえて作った。平野さんは追い詰めてなんぼなんで、いろいろと作戦を組んだ。僕も編集にはずいぶん口を出した」と述懐。これには平野監督も「それはわかっていたけど……」と苦笑いを浮かべていた。

トークイベント後には「へたな鉄砲も数うちゃあたる!」「じょうぶなタイヤ!」(監督:庵野秀明)、「GUST」「狂った触覚」(監督:平野勝之)といったふたりの自主映画時代の作品がオールナイト上映された。

監督失格」は、9月3日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで独占先行公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi