J・J・エイブラムス「スーパーエイト」に込めた思いを激白! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月24日 > J・J・エイブラムス「スーパーエイト」に込めた思いを激白!
メニュー

J・J・エイブラムス「スーパーエイト」に込めた思いを激白!

2011年6月24日 13:16

今回は脚本も自身が担当。 続編でも原作ものでもないオリジナル作としては初監督「SUPER 8 スーパーエイト」

今回は脚本も自身が担当。
続編でも原作ものでもないオリジナル作としては初監督
(C)2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF大作「SUPER 8 スーパーエイト」でスティーブン・スピルバーグと初めてタッグを組んだJ・J・エイブラムスが、同作に込めた思いや巨匠スピルバーグとの仕事について語った。

同作は1979年、米空軍の秘密施設エリア51から“何か”を輸送していた列車の事故をきっかけに、偶然その模様を8ミリカメラで撮影してしまった6人の少年少女たちが、“未知との出合い”を経験する物語。興収ランキング初登場No.1を記録した全米では、すでに“21世紀版「E.T.」”との呼び声も高いが、出発点はスピルバーグを意識したものではなかった。

「この映画は、スーパー8フィルムで映画を作っていた子どもたちのことを語りたいという気持ちから生まれたもので、もともと自伝的な要素のあるアイデアだった。でも結果的には、僕が少年時代に夢中になっていた作品に対するオマージュになっていると思うよ(笑)」。少年たちがひと夏の冒険を通して成長し、再生していく姿を描く構成はジュブナイル映画の王道だが、その語り口はあからさまな焼き直しではない。スピルバーグ映画などの洗礼を受けて育った少年エイブラムスが、それらを解釈・継承し、愛を込めて自分なりの新しいSFファンタジーとして再構築している点がポイントだ。

「僕の好きな映画がすべて1つになったような作品だ。ラブストーリー、ドラマ、コメディ、青春ストーリー、アドベンチャー、モンスター、すべてが合わさっているのさ。これはアンブリン社(スピルバーグが82年に設立した映画・TV番組の制作会社、アンブリン・エンタテインメント)の作品の特徴だよね」

今回、スピルバーグ印などの“ブランド”がありながら、宣伝では“黙秘”を貫いたエイブラムス。だが、そこにはエイブラムスならではのポリシーと自信があった。

「何もかも秘密にしたかったわけじゃなくて、観客の好奇心を煽りたかったのさ。ハリウッドにはシリーズものや、コミックや小説、ほかの映画を元にしたリメイク映画がたくさんあって、この夏の大作を見ていても、そうじゃない作品は本当に少ない。だから、僕の(すべてがオリジナルの)映画が受け入れられる余地はあるような気がしているよ」

SUPER 8 スーパーエイト」は6月24日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi