TM西川「今こそ日本がひとつになるため」映画主題歌に熱い思い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月4日 > TM西川「今こそ日本がひとつになるため」映画主題歌に熱い思い
メニュー

TM西川「今こそ日本がひとつになるため」映画主題歌に熱い思い

2011年6月4日 13:12

書き下ろした新曲2曲について 思いを語る西川貴教「劇場版 戦国BASARA The Last Party」

書き下ろした新曲2曲について
思いを語る西川貴教
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「T.M.Revolution」こと歌手の西川貴教が6月3日、東京・新宿ピカデリーで行われた「劇場版 戦国BASARA The Last Party」の出陣式に出席。声優を務める大川透(徳川家康役)、森田成一(前田慶次役)、石野竜三(長曾我部元親役)らとともに舞台挨拶に立ち、映画のために書き下ろした新曲2曲について、思いを語った。

シリーズ累計220万本を売り上げた人気アクションゲームで、テレビアニメ化もされた「戦国BASARA」の初の劇場版。豊臣秀吉の治世が終わり、覇王の不在が新たな戦の引き金となった戦国時代を舞台に、それぞれの思いを秘めた武将たちは、決戦の地・関が原に集う。西川は2005年に発売された第1作からテーマ曲を手がけており、「かれこれ7年目に突入で、夢だった劇場版を迎えることができて嬉しい。タイトルは“Last”だが、まだ宴は続くはず。この計り知れないパワーが日本中に届けば」と熱っぽく語った。


(左から):小林裕幸氏、西川 石野竜三、野村和也監督、森田成一、大川透「劇場版 戦国BASARA The Last Party」

(左から):小林裕幸氏、西川
石野竜三、野村和也監督、森田成一、大川透
[拡大画像]

オープニング曲の「FLAGS」は、テンションの高いロックチューンで「旗を掲げよ、というセリフが印象的だったので、そのままタイトルにした。自国や自軍を背負うプライドを曲にし、今こそ日本がひとつになるため、みんなで頑張ろうというメッセージを伝えられれば」。一方、エンディング曲の「The party must go on」はダンサブルな楽曲。「踊りの要素が欲しいと言われ、何度か曲を聞いてもらったが『もっと、もっと』って(笑)。結果、すごくテンポが早い曲になった」と振り返った。

原作監修を務めたCAPCOMの小林裕幸氏は「夢にまで見た劇場版。涙しました」と万感の表情。野村和也監督は「全身全霊で前のめりに頑張った。長い戦いになったが、完成し嬉しく思っている。主人公4人の生き様をうまく表現できていれば」と挨拶し、主人公・伊達政宗の故郷、仙台から取り寄せた“松川だるま”へ大ヒット祈願を込めた目入れを行った。

劇場版 戦国BASARA The Last Party」は6月4日から、全国22スクリーンで公開。

劇場版 戦国BASARA-The Last Party-[DVD] 劇場版 戦国BASARA-The Last Party-[DVD] 最安価格: ¥3,251 人気アニメ「戦国BASARA」の劇場版がDVD化!
DVD「バサラ祭2013 ~春の陣~」[DVD] DVD「バサラ祭2013 ~春の陣~」[DVD] 最安価格: ¥5,320 国国技館で開催されたイベント『バサラ祭2013 ~春の陣~』がDVD化!期間生産限定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi