J・ボン・ジョビ&H・スワンク、撮影現場から被災地へエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月11日 > J・ボン・ジョビ&H・スワンク、撮影現場から被災地へエール
メニュー

J・ボン・ジョビ&H・スワンク、撮影現場から被災地へエール

2011年4月11日 17:33

J被災地へエールを寄せたJ・ボン・ジョビとH・スワンク「ニューイヤーズ・イブ」

J被災地へエールを寄せたJ・ボン・ジョビとH・スワンク
写真:AP/アフロ、写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゲイリー・マーシャル監督がメガホンをとったラブコメディ「ニューイヤーズ・イブ(原題)」に出演する、ロックバンド「ボン・ジョビ」のジョン・ボン・ジョビと女優のヒラリー・スワンクが、3月11日に発生した東日本大震災の被災地に向けて胸中を語った。

親日家として知られるボン・ジョビは、撮影現場で日本人記者に近寄り「どうしても日本の皆さんに伝えてもらいたいことがある」と話しかけたという。そして、「今、日本で起きていることが本当に心配で仕方ない」と胸を痛めている様子。30回にも及ぶ来日を振り返り、「日本には素晴らしい友だちと、僕らを長い間応援してくれているファンがたくさんいる。日本のファンのために、できる限り早く何かをやりたい」と熱く語った。

ボン・ジョビは、米アップルの音楽配信サイト「iTunes(アイチューンズ)」で、3月25日から配信されているコンピレーションアルバム「SONGS FOR JAPAN」に参加している。

同作に出演しているスワンクも、「日本の皆さんが本当に心配。私も言葉にならないくらい悲しい気持ちになります……。本当にみなさん頑張ってください」と被災者へエールをおくった。

大みそかの夜の米ニューヨークを舞台に、さまざまな愛の形を描いた同作。年越しカウントダウンのシーンは、3月14日にニューヨークのタイムズ・スクエアを貸し切って敢行した。出演陣にはボン・ジョビ、スワンクのほか、ロバート・デ・ニーロアシュトン・カッチャーサラ・ジェシカ・パーカーら豪華俳優やミュージシャンが名前を連ねている。

ニューイヤーズ・イブ」は、12月公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi