米エンタメ業界の高給取りCEOトップは…… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月6日 > 米エンタメ業界の高給取りCEOトップは……
メニュー

米エンタメ業界の高給取りCEOトップは……

2011年4月6日 16:26

バイアコムのフィリップ・ドーマン氏

バイアコムのフィリップ・ドーマン氏
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ハリウッド・レポーター誌が、米エンタテインメント業界の高給取りのCEOトップ8人を発表した。

ワーナー・ブラザーズやTIME誌などを傘下に持つタイム・ワーナーや、パラマウントやMTVの親会社のバイアコム、大手新聞やテレビ、20世紀フォックスなどを傘下に収めるニューズ・コーポレーションなど、世界的な複合メディア企業のトップがずらりと並ぶ。

ストックオプション(自社株購入権)の価値も加算されているため、単純な年収というわけではないが、それでも相当額の給与を得ていることは確かだ。

高給取りのCEOトップ8人は以下の通り

フィリップ・ドーマン(バイアコム)8450万ドル
デビッド・ザスラフ(ディスカバリー・コミュニケーションズ)4260万ドル
スティーブ・バーク(コムキャスト)3470万ドル
マイク・ホワイト(ディレクTV)3290万ドル
ブライアン・ロバーツ(NBCユニバーサル)3110万ドル
ロバート・アイガー(ウォルト・ディズニー)2960万ドル
ジェフ・ビューカス(タイム・ワーナー)2630万ドル
ルパート・マードック(ニューズ・コーポレーションズ)1680万ドル

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi