一青窈「唐山大地震」イメージソングを“本気”で書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月3日 > 一青窈「唐山大地震」イメージソングを“本気”で書き下ろし
メニュー

一青窈「唐山大地震」イメージソングを“本気”で書き下ろし

2011年3月3日 08:00

映画に感銘を受け、書き下ろしで楽曲提供した一青窈

映画に感銘を受け、書き下ろしで楽曲提供した一青窈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の一青窈が、中国映画の歴代興行収入を記録した「唐山大地震 想い続けた32年」のイメージソング「泣きべそ」を書き下ろしていることがわかった。中国で“催涙弾映画”と呼ばれている同作を見た一青が、劇中で描かれる家族の姿に心を打たれ、中国語も織り交ぜた作詞に挑戦。人々に力強く生きていく勇気を訴えかける楽曲が仕上がった。

フォン・シャオガン監督がメガホンをとった同作は、中国国内観客動員2000万人、累計興行収入80億5000万円を記録する大ヒット。20世紀最大の震災といわれ、23秒間の地震で未曾有(みぞう)の被害を出した唐山大地震を舞台に、過酷な運命を背負った家族の強いきずなを描く。

配給の松竹は、全編を通して伝えようとする“家族のきずな”を、魂を込めた一青の詩で表現してほしいと相談した。くしくも、一青は地震が実際に起こった1976年生まれ。実際に映画を鑑賞し、スクリーンいっぱいに込められた“生きる力”に深く感銘を受けたことから書き下ろしが実現した。

一青は、楽曲を完成させ「泣きべそをかくときも生きているなかではたまにありますが、心を強く持って生きてほしいという気持ちで詞を書きました」と述懐。そして、「空を抱きしめるときに涙ごと自分も抱きしめてあげるように、この歌を聴いて心が温かくなってくれたらいいなと思います。『泣きべそ』というタイトルは決して弱いイメージではなく、強い心と表裏一体のもの」とコメントを寄せた。

「泣きべそ」は配信限定シングルとして、モバフォ、iTune、レコチョクで3月23日から配信開始。

「唐山大地震 想い続けた32年」は、3月26日から全国で公開。

LIVE & DOCUMENTARY Blu-ray ap ba...[Blu-ray/ブルーレイ] LIVE & DOCUMENTARY Blu-ray ap ba...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,857 2012年で8回目を迎えたap bank fes。2011年からは、東日本の復興支援を掲げ「Fund for Japan」として開催。
女帝[DVD] 女帝[DVD] 最安価格: ¥2,873 乱世の五大十国時代、絢爛豪華な中国宮廷を舞台に愛と欲望を巡って繰り広げる女たちの復讐劇を描いた超一級歴史スペクタクル!監督:フォン・シャオガン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi