ジャスティン・ビーバーら、ゴールデングローブ賞プレゼンターに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月14日 > ジャスティン・ビーバーら、ゴールデングローブ賞プレゼンターに
メニュー

ジャスティン・ビーバーら、ゴールデングローブ賞プレゼンターに

2011年1月14日 11:28

昨年大活躍した若手3人がプレゼンターに参加「トロン:レガシー」

昨年大活躍した若手3人がプレゼンターに参加
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年に大ブレイクしたカナダ出身のポップシンガー、ジャスティン・ビーバー、米俳優ザック・エフロン、米女優オリビア・ワイルド(「トロン:レガシー」)の若手3人が、第68回ゴールデングローブ賞授賞式のプレゼンターに名を連ねることが発表された。

3人は、ほかのセレブリティとともに、ジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーら豪華ノミネート陣から選ばれる受賞者にトロフィーを贈呈することになる。授賞式は、英コメディアン、リッキー・ジャーベイスの司会で、米西海岸時間1月16日午後5時からビバリー・ヒルトン・ホテルで開催される。

映画部門では、コリン・ファース扮する英国王ジョージ6世がきつ音障害を克服していく姿を描いた「英国王のスピーチ」が最多7部門でノミネート。世界最大のSNS「Facebook」の誕生秘話を描き各種批評家賞を総なめにしている「ソーシャル・ネットワーク」と、実在のボクサー兄弟を描いた「ザ・ファイター(原題)」が6部門ノミネートでこれを追う展開だ。またテレビシリーズ/コメディ部門では、現在アメリカでシーズン2が放送中の「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」が最多5部門でノミネートされている。

同賞は、ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)会員の投票によって選出される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi