甲斐よしひろ、1日2回公演で「ジャニーズに負けない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月19日 > 甲斐よしひろ、1日2回公演で「ジャニーズに負けない」
メニュー

甲斐よしひろ、1日2回公演で「ジャニーズに負けない」

2010年12月19日 06:48

ツアーとは曲目も一新したKAI BAND「照和 My Little Town KAI BAND」

ツアーとは曲目も一新したKAI BAND
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 音楽ドキュメンタリー「照和 My Little Town KAI BAND」の初日舞台挨拶が12月18日、東京・シネセゾン渋谷で行われ、「KAI BAND」の甲斐よしひろ田中一郎、ナレーションを務める俳優の大森南朋、フカツマサカズ監督が出席した。

日本の音楽シーンに多大な影響を与えた博多のライブハウス「照和」を原点に、ロック界の頂点に登りつめたKAI BANDが、今年4月に同所で敢行したライブの模様とバックステージに迫る。「海援隊」の千葉和臣や「ザ・ロッカーズ」の陣内孝則ら、「照和」出身アーティストへのインタビューも収録されている。

甲斐らが同所でライブを行ったのは、プロデビュー以来初めてのこと。キャパシティは60人前後で「狭いです。一歩前に踏み出すとお客さんがいるし、後ろを振り向けば松藤(ドラムスの松藤英男)とキスしそうになるし(笑)」。“凱旋ライブ”は3日間で全5公演。1日2公演こなす日もあり「前代未聞でしたよ。ジャニーズ事務所に負けないぞって気持ちで頑張った。(去年の)ツアーとは曲目も一新し、いい効果をもたらせてくれた」と振り返った。

ナレーションを務めた大森は、「僕でいいのかなって気持ちで信じられなかった。『ギター・マガジン』の田中さんの連載を読んで、練習していましたから」。収録現場には甲斐本人も見学に来ていたといい「冷や汗かいて、いつもより多めにかんでしまった」と述懐し、「ドアーズがジョニー・デップなら、KAI BANDは僕がやらせていただいた」と映画「ドアーズ まぼろしの世界」を引き合いに自信のアピール。甲斐も大森の大ファンで、「今の時代の濃厚な空気感を表現してくれた。監督の手腕も加わり、照和が時代にどういう役割を果たしたのか解き明かす面白い映画に仕上がった」と満足げだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi