スタイリッシュ映像が満載の3D大作「トロン:レガシー」予告編解禁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月30日 > スタイリッシュ映像が満載の3D大作「トロン:レガシー」予告編解禁
メニュー

スタイリッシュ映像が満載の3D大作「トロン:レガシー」予告編解禁

2010年8月30日 11:55

クールな世界観にクギ付け!「トロン:レガシー」

クールな世界観にクギ付け!
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ディズニー製作の実写3D大作「トロン:レガシー」の最新予告編が公開された。

同作は、デジタル業界のカリスマとして名をはせたエンコム社CEO、ケビン・フリン(ジェフ・ブリッジス)の失踪から20年後、27歳に成長した息子のサムが、父の創造した電脳世界に足を踏み入れたことから始まる。そこはケビンの抱いた“理想の世界”であるはずが、独裁者クルーにすべてを支配されており、サムは命を狙われるはめに。そんななか、クオラという女性の助けを借りながら父の行方を探し、同時にコンピュータの世界のなかに隠された真実に迫っていく。

主人公サムを新進俳優ギャレット・ヘドランド、クオラをオリビア・ワイルドが演じるほか、「クレイジー・ハート」でアカデミー主演男優賞を受賞したブリッジスが、サムの父ケビン役で出演。今回が長編デビュー作となるジョセフ・コシンスキー監督がメガホンをとり、音楽をダフト・パンクが担当している。

予告編は、スタイリッシュな映像で彩られた電脳世界を舞台に、サムが数々の戦いを潜り抜けていく姿がたっぷりと描かれている。ケビンと同じ顔をしている男が、驚くサムに「私はお前の父親ではない」と告げる場面などもあり、先の読めないドラマチックな展開も予想される。

トロン:レガシー」は12月17日から世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi