緒方貞子さん長男・緒方篤監督、「国境を越えた」長編デビュー作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月3日 > 緒方貞子さん長男・緒方篤監督、「国境を越えた」長編デビュー作
メニュー

緒方貞子さん長男・緒方篤監督、「国境を越えた」長編デビュー作

2010年8月3日 11:34

劇中では自ら出演も「脇役物語」

劇中では自ら出演も
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元国際連合難民高等弁務官・緒方貞子さんの長男で、映像作家の緒方篤監督が8月2日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で長編映画デビュー作「脇役物語」について会見した。

同作は、短編「不老長寿」がバンコク、ボストンなど各国の映画祭で高い評価を受けた緒方監督の初長編作。万年脇役ばかりの役者ヒロシが、突然訪れた恋に動揺しながらも、人生の主役は自分自身だということに気づいていく姿を描くラブコメディ。名バイプレイヤーの益岡徹が映画初主演を務め、永作博美津川雅彦松坂慶子らが共演する。

米国ハーバード大学、MITなどに学び、これまでもドイツやオランダ、米国で活動してきた緒方監督は、外国人記者からの質問にも流ちょうな英語で回答。前作の短編に続き長編でも喜劇を描いたことについて、「自分で脚本を書いているとついついコメディになってしまう。日本の社会は崩壊していて、自殺やイジメといった問題ばかり新聞で目にするけれども、その中でも年の違った人たちが、誤解もあるけれど仲良く楽しく暮らすことができるんだという人生賛歌として、希望を与える映画にしたかった。そうすれば映画から得るものがあると思ったし、エンターテインメントでありながら社会性のあるようなものを作りたいと思った」と話した。

6月に上海国際映画祭でプレミア上映されたのを皮切りに、アメリカ、韓国の映画祭などでも上映。「上海映画祭での上映でも、正しいところで笑ってもらえた。アメリカ、韓国、中国どこでも同じところで笑ってくれたのを見て、国境を越えた普遍的なコメディになったと思う」と胸を張った。

脇役物語」は10月23日から全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi