次長課長・河本ら正座で舞台挨拶に失笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月24日 > 次長課長・河本ら正座で舞台挨拶に失笑
メニュー

次長課長・河本ら正座で舞台挨拶に失笑

2010年7月24日 14:00

沖縄の皆さん、これで映っていますか?「ニライの丘 A Song of Gondola」

沖縄の皆さん、これで映っていますか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖縄県北谷町と吉本興業が共同で製作した映画「ニライの丘 A Song of Gondola」が7月24日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで封切られ、出演した石田靖、「次長課長」の河本準一が舞台挨拶。この日は、主演の神谷健太津波信一大城直也監督が顔をそろえた沖縄・那覇の桜坂劇場と同時生中継でトークを繰り広げた。

同作は、吉本興業が企画・運営した第2回沖縄国際映画祭で上映された長編映画6作を、全国で順次公開する企画「Laugh&Peace ムービーフェスタ」のうちの1作。沖縄芝居「丘の一本松」をモチーフに、幼いころに母親を亡くした少年が空手道場で知り合ったアメリカ人の少年との国境を越えた友情を通して、父が隠してきた苦い過去と向き合う姿を描く。


MAXの4人は方言トークで盛り上がった「ニライの丘 A Song of Gondola」

MAXの4人は方言トークで盛り上がった
[拡大画像]

石田と河本は、沖縄への中継がカメラのアングルの影響で不調だと知ると、正座の状態で舞台挨拶を敢行。石田は、「僕ら、反省のポーズみたいやん」と苦笑いを浮かべ、場内の失笑を誘った。この映像を見た沖縄の津波も便乗して正座するなど、やりたい放題。大城監督にいたっては、「立ち見が出て、座りきれない。後ろのほうではケンカも始まって……いたらいいなあ」と妄想を爆発させた。

また、同作が沖縄を舞台にしていることにちなみ、同県出身の4人組ユニット「MAX」も応援に駆けつけた。ひと足早く作品を見たそうで、NANAは「生の沖縄を感じられて、すごく良かったです」とニッコリ。ローカルな方言がちりばめられているため字幕を採用しているが、メンバーで唯一、沖縄在住のMINAは「字幕がないと分からないセリフもありました」と笑っていた。

ニライの丘 a song of gondola[DVD] ニライの丘 a song of gondola[DVD] 最安価格: ¥2,426 在日米軍基地を抱える沖縄県を舞台に、父親との関係に悩む少年が空手道場でアメリカ人少年と出会い、やがて彼が起こした殺人事件を契機に、ある決断を迫られる感動ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi