トヨエツ、壮絶な殺陣シーンに「早く終わんねーかな」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月10日 > トヨエツ、壮絶な殺陣シーンに「早く終わんねーかな」
メニュー

トヨエツ、壮絶な殺陣シーンに「早く終わんねーかな」

2010年7月10日 13:22

大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた「必死剣鳥刺し」

大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 豊川悦司主演で藤沢周平の短編小説を映画化した「必死剣鳥刺し」が7月10日、全国257スクリーンで公開。豊川は、共演の池脇千鶴村上淳、主題歌「風に向かう花」を歌ったalanとともに、東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶に臨んだ。

豊川は、次回作の役づくりのために丸刈り姿で登場し、クライマックスの約15分に及ぶ殺陣のシーンについて「結構大変で、早く終わんねーかなあ……と思っていました」。リハーサルを含め1週間を要したそうで、「もう本当に、早く終わんねーかなあと思いました」と話し、笑いを誘っていた。

同作は、藤沢の「隠し剣」シリーズの1作が原作。独自に編み出した必勝の剣「鳥刺し」を使う剣豪・兼見三左エ門(豊川)が、海坂藩の政治に悪影響を及ぼす藩主の愛人を刺殺。この事件を機に、陰謀に巻き込まれ、絶体絶命のピンチに立たされる姿を描く。

幽閉生活を終えた三左エ門が1年ぶりに入浴するシーンでは、豊川の体を池脇が洗う場面がある。豊川は、「寒かったので、早く終わんないかなと思っていました」。一方の池脇は、献身的な大和なでしこを演じたが「ひと筋の希望を何とか心に残しながら演じたけれど、何とも悲しかった」と語った。

alanは、豊川の印象を「身長が高くて、すごく大人しい。映画の役に似ていると思います。怒らないで……」と流ちょうな日本語で話した。これには豊川も、「alanさんの言う通りです」と苦笑いを浮かべていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi