森永卓郎“洞窟系男子”のブームを予測 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月4日 > 森永卓郎“洞窟系男子”のブームを予測
メニュー

森永卓郎“洞窟系男子”のブームを予測

2009年11月4日 11:30

草食系の次は洞窟系!「ディセント」

草食系の次は洞窟系!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2005年に全英で公開され、ホラー愛好家や批評家から絶賛された「ディセント」の続編にあたる「ディセント2」の特別試写会が11月2日、東京・新橋のヤクルトホールで行われ、経済アナリストの森永卓郎氏がトークショーに出席した。

洞窟内で行方不明になった女性グループを捜索する刑事やレスキュー隊員たちが、正体不明のモンスターに襲われるアクションホラー。現在のホラー映画ブームと不況の関係性について語った森永氏は、「人間の2大欲求は安楽と快楽。ホラー映画は人々に刺激的な快楽を与えてくれる」と分析した。不況下にホラー映画が量産される理由について、「ほかのジャンルに比べると製作費がかからない。特にこの映画は洞窟が舞台だから、大掛かりなセットも不要。主人公のモンスターだって、ギャラはほぼゼロでしょ」と力説していた。

さらに、森永氏は「これからは暗い洞窟のような部屋に閉じこもる、洞窟系男子がトレンドになる」と新しい引きこもりスタイルを予見。「この映画を異性と一緒に見れば、自然とカップルになれるはず。何1000万円も貢がされることもない」と話題の結婚詐欺事件を引き合いに笑いを誘っていた。

ディセント2」は角川映画とアンプラグドの共同配給で、11月7日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi