伝説の男性ストリップクラブ創業者の悲劇を、トニー・スコット監督が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月30日 > 伝説の男性ストリップクラブ創業者の悲劇を、トニー・スコット監督が映画化
メニュー

伝説の男性ストリップクラブ創業者の悲劇を、トニー・スコット監督が映画化

2009年10月30日 19:06

[映画.com ニュース] トニー・スコット監督が、現在もラスベガスで営業中の有名男性ストリップクラブ「チッペンデールス」を80年代に創業した男の物語を映画化することになった。英エンパイア誌ほかが報じた。

チッペンデールスは、筋肉隆々のイケメンダンサーが半裸でショーを繰り広げる男性レビュークラブの草分け的存在。創業者のインド系アメリカ人、スティーブ・バネルジーは、もともとガソリンスタンドや泥レスリングクラブを経営していたが、あるとき、きちんと振付けされたエンターテインメント性の高い男性によるストリップショーのアイデアを思いついたという。

ロサンゼルスに第1号店をオープンしたチッペンデールスは瞬く間に評判を呼び、その後ニューヨークやロンドン、ハンブルクなどにも出店したほか、ワールドツアーも行われる人気となった。だが成功の裏側では金銭問題ほかさまざまなトラブルが発生、最終的には、バネルジーが殺し屋を雇って店の元ダンサー兼振付家を殺害する事件にまで発展した。殺人で起訴され、保釈請求を却下されたバネルジーは、94年10月、判決の数時間前に刑務所で首を吊って死亡しているところを発見された。

スコット監督は、セックスと暴力に満ちた自身のヒット作「トゥルー・ロマンス」(93)のような作品にしたいと考えているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi