「アンネの日記」映画化へ。ピュリッツァー賞作家デビッド・マメットが監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月13日 > 「アンネの日記」映画化へ。ピュリッツァー賞作家デビッド・マメットが監督
メニュー

「アンネの日記」映画化へ。ピュリッツァー賞作家デビッド・マメットが監督

2009年8月13日 12:00

[映画.com ニュース] ピュリッツァー賞を受賞した劇作家で映画監督、脚本家のデビッド・マメット(「オレアナ」「ハンニバル」)が、世界的ベストセラー「アンネの日記」をディズニーで映画化すると、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

マメットが監督・脚本を手がけるもので、原作に加えて、50年代にアルバート・ハケットとフランシス・グッドリッチによって書かれた戯曲「アンネの日記」と、さらにマメット独自の解釈を加えた内容になるという。キャスティングや製作・公開時期などは未定。

「アンネの日記」は、ナチス・ドイツ占領下のオランダ、アムステルダムで、ナチスの追求を逃れて隠れ家暮らしをしていたユダヤ人少女アンネ・フランクの日記。アンネは、15歳のときに強制収容所で死亡した。死後の47年に出版されたその日記は、世界各国語に翻訳され、先頃ユネスコの「世界記録遺産」にも登録された。

59年にも一度、ハケットとグッドリッチの脚本で、ジョージ・スティーブンス監督が映画化、助演女優賞のシェリー・ウィンタース、モノクロ撮影賞を含む3部門でアカデミー賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi