玉木宏、ウィーンフィルの指揮台に乗り「重み感じる」。「のだめ」欧州ロケ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月7日 > 玉木宏、ウィーンフィルの指揮台に乗り「重み感じる」。「のだめ」欧州ロケ
メニュー

玉木宏、ウィーンフィルの指揮台に乗り「重み感じる」。「のだめ」欧州ロケ

2009年7月7日 12:00

音楽の都ウィーンで豪華ロケを敢行

音楽の都ウィーンで豪華ロケを敢行
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 上野樹里玉木宏が6月27日、オーストリアの首都ウィーンで主演映画「のだめカンタービレ 最終楽章」(前後編の2部作)現場取材にて、撮影の様子や今後の意気込みなどを語った。

二ノ宮知子の同名人気コミックを実写化し、06年のTVドラマ、08年のスペシャルドラマに続く今回の劇場版2部作でシリーズは完結。ヨーロッパに活動の拠点を移したのだめと千秋を描くため、5月末のクランクイン後、6月16日~10月末にかけて長期ヨーロッパロケを敢行中だ。

この日のロケ地となったのは、ウィーン・フィルハーモニーの本拠地、ウィーン楽友協会。指揮者として成長していく千秋を演じる玉木は、「ベートーベンやモーツァルトなど偉大な作曲家にゆかりのある場所で、まして200年近く歴史があるホールで指揮棒がふれるということは、役者として2度とできないこと。その場所を楽しみつつ、緊張感を持ちつつやっています」と話した。

日本人では「世界のオザワ」こと小澤征爾など、少数の指揮者しか立っていない楽友協会の指揮台は「立った瞬間に歴史の重みを感じた」とのことだが、撮影は「楽しんでます」と話す。「ドラマの時にもやった『ベト7』(ベートーベン「交響曲第7番」)という曲があるので、楽しんでやってますし、のってきますね。後半の第4楽章になればなるほど」と、「指揮者」として本場の空気に触発されているようだ。

一方、そんな千秋の背中を追いかけるのだめ役の上野は、「観客席から見ていてすごく引き込まれた。見ているだけで泣いたり笑ったりできるのは、千秋先輩の指揮が成長しているということ。早くお客さんにも観ていただきたい」と玉木を絶賛。音楽の都についても、「なかなか来られない場所で撮影させていただける。がんばんなきゃなって思います」と話している。

撮影はこのほかフランスのパリ、スロバキアのブラチスラバ、チェコのプラハやブルノなどで行われる。「のだめカンタービレ 最終楽章」は前編が12月19日公開、後編は10年春に公開予定。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編[Blu-ray/ブルーレイ] のだめカンタービレ 最終楽章 後編[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,966 二ノ宮知子原作のクラシック音楽コメディドラマ「のだめカンタービレ」がいよいよ完結!のだめと千秋の恋の行方もついに最終楽章(グランドフィナーレ)へ!!
のだめカンタービレ ロケ地ベストセレクション~2006-2010 4年間の想い出~[DVD] のだめカンタービレ ロケ地ベストセレクション~2006-2010 4年間の想い出~[DVD] 最安価格: ¥1,642 二ノ宮知子原作、上野樹里×玉木宏競演で贈るクラシック音楽コメディドラマ「のだめカンタービレ」の集大成的作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi