山田孝之が玉木宏にベタ惚れ状態。噂の女優から略奪愛?「MW」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月6日 > 山田孝之が玉木宏にベタ惚れ状態。噂の女優から略奪愛?「MW」初日
メニュー

山田孝之が玉木宏にベタ惚れ状態。噂の女優から略奪愛?「MW」初日

2009年7月6日 12:00

玉木宏に横恋慕?の山田孝之「MW ムウ」

玉木宏に横恋慕?の山田孝之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 手塚治虫漫画としては同性愛描写もある異色コミックを実写化した「MW ムウ」(岩本仁志監督)の主演俳優・山田孝之が、7月4日、東京・有楽町の丸の内ルーブルにて行われた初日舞台挨拶で、その日欠席した共演の玉木宏に「カッコいい」を連発、役柄さながらに玉木への愛情をたっぷりと語り、玉木が交際中の女優・吉高由里子から奪わんばかりの勢いだった。

本作は、南の島で起きた島民全員が死亡する怪事件を生き延び、暗い過去を共有した2人の青年が、謎の存在「MW」をめぐって善と悪の攻防を繰り広げるというピカレスクロマン。玉木が世界滅亡をもくろむ冷酷非道なエリート銀行員・結城美智雄(原作では美知夫)を、山田が苦悩しながらも結城を救済しようとする心清らかな神父・賀来裕太郎(原作では巌)を演じている。

山田は玉木との共演を振り返り、「玉木さん、カッコいいなって自分の中で盛り上げながら演じました」と、役作りの上でも玉木が重要な存在だったと明言。加えて「顔がいい、背も高い、声もいい。いたずら好きなところもかわいい。いい男です」と照れ笑いしながら、「カッコいい」を連発。その後、ヨーロッパで主演映画(「のだめカンタービレ」)撮影中の玉木から届けられたビデオメッセージが上映されると、山田は「(玉木は)改めてカッコいい」とつぶやいて、今なおベタ惚れの様子だった。

一方の玉木はそのビデオメッセージで、「今までの自分のイメージを壊したいと思い、悪役に挑戦した。見たことのなかった僕の姿を見ていただけると思う」と新境地となった本作の演技をアピールした。そんな主演俳優2人の玉木と山田に対し、岩本監督は「難しい役どころだったけど、原作と格闘しながら(原作と比べても)遜色のない存在感を出してくれたと思う」と、2人の健闘を大いに称えた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi