小栗旬が丸刈り頭を初披露。主演時代劇「TAJOMARU」が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月6日 > 小栗旬が丸刈り頭を初披露。主演時代劇「TAJOMARU」が完成
メニュー

小栗旬が丸刈り頭を初披露。主演時代劇「TAJOMARU」が完成

2009年7月6日 12:00

石田三成、多襄丸と時代劇づいてる小栗「TAJOMARU」

石田三成、多襄丸と時代劇づいてる小栗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「クローズZERO」シリーズや「花より男子」シリーズなどで人気の俳優・小栗旬主演の新作映画「TAJOMARU」が完成。7月5日、東京・豊洲のユナイテッド・シネマ豊洲にて完成報告記者会見が行われ、主演の小栗以下、共演の柴本幸田中圭やべきょうすけ松方弘樹山本又一朗プロデューサー、中野裕之監督が出席した。

本作は、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した黒澤明監督の名作「羅生門」(50)の原作として知られる芥川龍之介の小説「藪の中」を換骨奪胎し、「羅生門」で三船敏郎が演じたキャラクター「多襄丸」を膨らませたオリジナルストーリーとして製作された時代劇。室町時代末期を舞台に、1人の愛する女性のため、地位、名誉、肉親、名前を捨てた青年の愛憎劇が描かれる。

NHK大河ドラマ「天地人」の石田三成役のために丸刈り頭で登場した小栗は、多襄丸の役柄について「この人はなぜ生き続けていくのだろうかということを考えて、キャラクターを作った。難役だったが、苦労よりは刺激の方が多い現場だった」と振り返り、「今の自分では到底届くことの出来ないものが時代劇の世界にはあるということを、改めて知ることが出来た。それが次のステップに繋がると思う」と熱っぽく語った。

会見では、2日後の七夕にちなんで、登壇者がそれぞれに願いごとを書いた短冊を披露。「もっと自由になれますように」という意味深な願いを書いた小栗は「僕らの世代は本当の自由というものをはき違えていると思う。『TAJOMARU』の時代と比べると僕らは多くの選択があるという意味ではとても自由だと思うが、もっと精神的に解放できればという思いを込めて書きました」と、その心意を明かし、会見を締めくくった。

TAJOMARU」は9月全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi