カンニング竹山がエイジアエンジニアと主題歌を熱唱!「守護天使」試写 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月19日 > カンニング竹山がエイジアエンジニアと主題歌を熱唱!「守護天使」試写
メニュー

カンニング竹山がエイジアエンジニアと主題歌を熱唱!「守護天使」試写

2009年6月19日 12:00

安めぐみに“こんな人”呼ばわりされた竹山「守護天使」

安めぐみに“こんな人”呼ばわりされた竹山
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 佐藤祐市監督(「キサラギ」)の最新作「守護天使」の特別試写会が6月18日、東京・新橋のスペースFS 汐留で開催され、主演を務めたカンニングの竹山隆範が、人気ヒップホップグループのエイジアエンジニアと共に主題歌「僕にできる事のすべて」を熱唱した。

本作はしがないサラリーマン(竹山)、腐れ縁のチンピラ(佐々木蔵之介)、引きこもりの青年(AAAの與真司郎)が、裏サイトの罠にはまり拉致されてしまった少女(忽那汐里)を助けようと、勝手に奔走するコミカルな感動作。主演を務めた竹山は、今年3月から“勝手にお助けキャンペーン”と名づけた全国PR行脚を展開した。

「正直、やらされた感はありますよ。この前なんて都内のOLさんにパイを投げつけられたり……今も意味が分からない」と苦笑気味にキャンペーンを振り返る竹山だが、仙台では自ら街頭に立ち、献血を呼び掛けるなど真面目な活動も行った。竹山は「どこまで人のためになったか分からないですが、“お助け”と言いながら、自分のためになった」と語り、作品自体も勇気と感動を与えられるものに仕上がったと、公開直前を迎えた本作をアピールした。

またこの日は、レギュラー番組で共演しているタレントの安めぐみが応援に駆けつけ、「見た目は全然カッコ良くないのに、最終的にはカッコ良かった。こんな人でもヒーローになれるんだって(笑)」と褒めているのか、けなしているのか分からないコメント。しかし最後には感動で涙が流れたと語り、今では「お兄ちゃん的存在」だという竹山の初主演作にエールを送っていた。

守護天使」は6月20日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi