打倒・塚地!の「守護天使」主演カンニング竹山と佐藤祐市監督にインタビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月19日 > 打倒・塚地!の「守護天使」主演カンニング竹山と佐藤祐市監督にインタビュー
メニュー

打倒・塚地!の「守護天使」主演カンニング竹山と佐藤祐市監督にインタビュー

2009年6月19日 12:00

本職は芸人!と言いつつ実は俳優業も乗り気「守護天使」

本職は芸人!と言いつつ実は俳優業も乗り気
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キサラギ」(07)で注目を集めた佐藤祐市監督が、お笑い芸人のカンニング竹山を主演に落ちこぼれヒーローたちの奮闘を描いた「守護天使」が間もなく公開される。佐藤監督と竹山に話を聞いた。

上村佑著の同名小説が原作。鬼嫁の尻に敷かれる薄給サラリーマンの須賀啓一(竹山)が美しく心優しい女子高生・涼子(忽那汐里)に出会い、幼なじみでチンピラの村岡(佐々木蔵之介)、イケメンだが引きこもりの大和(與真司郎)らと闇サイトの魔の手から涼子を守るため、勝手に奔走する。

竹山をキャスティングした理由を監督に尋ねると、「まず容姿ですね。太っていて眼鏡をかけていて、頭髪も少し薄いというのが原作にすごく近くて(笑)。あと、バラエティ番組に出ている竹山さんを見て、実はこの人はすごく繊細でナイーブなんじゃないかなと。芝居をしたらそれが良い作用として働くのではと思ったんです」とのこと。そんな監督の期待を背負い、主演に抜擢された竹山は、「プレッシャーはありましたね。芸人として現場の空気を和ませたい気もしたけど、とにかく真面目にやらなきゃと思って。周りを見て、役者さんってすごいなと改めて感じました」と謙虚に話した。そんな竹山を監督は、「やっぱり芸人さんだから、転ぶとか叩くとかそういう芝居にこだわりがあって、オッケーを出しても、『もう1度やらせて』と言ってくれた。まさに芸人魂ですね」と評し、俳優・竹山に大満足の様子だった。

今回も社会のはみ出し者をコミカルに描いた監督は、「映画に出てくる須賀たちは、やっていることは滅茶苦茶だけどハートはまともです。映画とはほとんどの場合、弱者や屈折している人を描くもの。強い人や聖人より、彼らの方がドラマがあるからです」と独自の映画観を語った。

一方、竹山に今後の俳優活動について聞いてみると、「映画の現場を好きになったけど、僕の本職は芸人という意識があります」と真摯に話したが、「影では打倒・塚地(ドランクドラゴン)って言ってました」と監督にからかわれ、慌てて弁明していた。

守護天使」は6月20日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi