「ヘドウィグ」監督作でニコール・キッドマンとアーロン・エッカートが共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月8日 > 「ヘドウィグ」監督作でニコール・キッドマンとアーロン・エッカートが共演
メニュー

「ヘドウィグ」監督作でニコール・キッドマンとアーロン・エッカートが共演

2009年4月8日 12:00

不慮の事故で子供を失う母親役に「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

不慮の事故で子供を失う母親役に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「ショートバス」のジョン・キャメロン・ミッチェルの次回監督作で、ニコール・キッドマンと「ダークナイト」の“トゥーフェイス”ことアーロン・エッカートが夫婦役で共演することになりそうだ。

ピュリッツァー賞&トニー賞を受賞した戯曲「ラビット・ホール(Rabbit Hole)」の映画化で、キッドマンが自身の製作会社ブロッサム・フィルムズを通してプロデュースする。原作者である劇作家デビッド・リンゼイ=アベアーが自ら脚色にあたる。ちなみに、リンゼイ=アベアーは「スパイダーマン4」の脚本家でもある。

内容は、突然の交通事故で4歳の一人息子を亡くした夫婦の葛藤と、再び心の平穏を取り戻すまでを描いたドラマ。妻ベッカ役のキッドマンはすでに決定しており、夫役でエッカートが最終交渉に入っているようだ。なお、同作のブロードウェイ版では、ベッカ役を「セックス・アンド・ザ・シティ」のシンシア・ニクソンが演じ、06年度トニー賞演劇部門の主演女優賞を受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi