伊坂幸太郎の「重力ピエロ」完成。小日向文世のヅラに注目? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月21日 > 伊坂幸太郎の「重力ピエロ」完成。小日向文世のヅラに注目?
メニュー

伊坂幸太郎の「重力ピエロ」完成。小日向文世のヅラに注目?

2009年1月21日 12:00

“スプリング”兄弟の固い絆を描く「重力ピエロ」

“スプリング”兄弟の固い絆を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説の映画化「重力ピエロ」の完成披露試写会が1月20日、東京・有楽町朝日ホールにて行われ、主演の加瀬亮岡田将生吉高由里子小日向文世、監督の森淳一、脚本家の相沢友子が舞台挨拶に登壇した。

本作は、泉水(加瀬)と春(岡田)の兄弟が、多発する放火事件の謎を追っていくうちに、家族が抱えるつらい過去に向き合うことになる姿を描いたミステリードラマ。

それぞれ撮影を振り返って、加瀬は「自分の解釈が邪魔になるので、原作は読まなかった。春とお父さん(小日向)が話の中心なので、現場では2人に寄りかかるようにしてました」、岡田は「つかみどころがない役なので、常にもがきながら死にそうでした」とコメント。今年で20歳を迎え、新成人として晴れ着姿で登場して舞台に華を添えた吉高も、「(原作ファンの)イメージをぶち壊すのではないかと不安でしたが、監督と話し合って演じていきました」と話し、多くのファンを抱えるベストセラーの映画化ならではのプレッシャーを各々が感じていたようだ。その原作を脚色した相沢も、「伊坂さんの小説がもつ軽やかな空気感を壊さないようにした」と苦心した点を話した。

一方で、加瀬と岡田の父親役を務めた小日向は、カツラを着用して演じた若かりし日のシーンについて言及。「どれだけ若返ることができるかだけが気になっていた。こだわったところはヅラ。しわを引っ張ったりもしましたが、(完成した映画を見ると)結構いけてる(笑)」と話して会場を笑わせた。

重力ピエロ」は原作者・伊坂が在住し、作品の舞台にもなっている仙台市を含む宮城県で4月25日に先行公開。5月23日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi