脚本製作中に本物のゴーストが?「永遠のこどもたち」監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月19日 > 脚本製作中に本物のゴーストが?「永遠のこどもたち」監督に聞く
メニュー

脚本製作中に本物のゴーストが?「永遠のこどもたち」監督に聞く

2008年12月19日 12:00

アカデミー賞スペイン代表の秀作を堪能あれ「永遠のこどもたち」

アカデミー賞スペイン代表の秀作を堪能あれ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロがプロデューサーを務めるスペイン発のスピリチュアルドラマ「永遠のこどもたち」が間もなく公開を迎える。デル・トロ監督とは約15年来の友人であり、長編デビューの本作が米アカデミー外国語映画賞スペイン代表に選ばれた新鋭J・A・バヨナ監督に話を聞いた。

幼き日を過ごした海辺の孤児院を買い取り、障害を持った子どものための施設として再建することを決めたラウラ(ベレン・ルエダ)は、夫カルロス(フェルナンド・カヨ)と7歳の息子シモン(ロジェール・プリンセプ)と一緒に屋敷に移り住む。ところが引っ越した直後から、シモンは空想上の友だちと遊ぶようになり、ある日忽然と姿を消してしまう……。

突然姿を消した息子、彼がトマスと呼ぶ空想上の友だち、やがて明らかになる孤児院の忌まわしい過去など不気味な要素と、何があっても息子を探し続ける母親の深い愛情が交錯するミステリアスな物語を描き出した監督は、「元々は母親と子供の物語が出発点だったんだ。僕自身、観客のリアクションを見てこれが本当に怖い映画なんだって実感したよ」と話す。

海を飛ぶ夢」のルエダ演じる母親の母性愛を描きながらホラー映画でもある本作について、「この映画は“子供の時に最初に抱く恐怖感”が大きなテーマになっている。子供が独りにさせられた時の恐怖感や、愛する者を失った時に悲しみと同時に抱く恐怖感、そういうものが混ざり合ってストーリーを面白くしているんだ」と自ら分析した。

映画で描かれる“目に見えない者”の存在はあまり信じていないと語る監督だが、脚本を手がけたセルヒオ・G・サンチェスの体験談を挙げ、「彼はこの脚本を書くために山奥の小屋にこもって作業していたんだけど、夜中の2時ぐらいにいきなり電話してきたと思ったら、『今独りで脚本を書いてるんだけど、絶対独りじゃないんだ……』と言い出したんだ。僕は『今日はもう書かなくていいから、しばらく映画のことを考えるのはやめた方がいい』となだめることしかできなかった(笑)」と、寒い季節にさらに背筋が凍りつくような製作秘話を明かした。

永遠のこどもたち」は12月20日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi