オスカー女優レイチェル・ワイズ、「欲望という名の電車」ロンドン版で主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月8日 > オスカー女優レイチェル・ワイズ、「欲望という名の電車」ロンドン版で主演
メニュー

オスカー女優レイチェル・ワイズ、「欲望という名の電車」ロンドン版で主演

2008年12月8日 12:00

チケットは争奪戦になりそう「欲望という名の電車」

チケットは争奪戦になりそう
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ナイロビの蜂」(05)でアカデミー助演女優賞を受賞した英国人女優レイチェル・ワイズが、女優なら誰でも一度はやりたいと望む役柄のひとつ、テネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」のブランチ役でロンドン・ウエストエンドの舞台に主演することになった。英BBCなどが報じたもので、09年7月にロンドンのドンマー・ウェアハウスで初演予定。

ビビアン・リーマーロン・ブランドが主演した51年の映画でも知られる「欲望という名の電車」は、落ちぶれた南部の令嬢ブランチ・デュボアが、ニューオーリンズに住む妹の家を訪ねていくが、ブランチを嫌う妹の夫で粗野な労働者スタンリーに暴言を浴びせられつづけ、やがて精神のバランスを崩していくという物語。

今回演出を手がけるのは、ブロードウェイとウエストエンドの両方で活躍する振付家兼演出家のロブ・アシュフォードケビン・スペイシー監督・主演作「ビヨンド the シー/夢見るように歌えば」の振付師でもある。

ケンブリッジ大学在学中に劇団を立ち上げた経歴を持つワイズは、これまでにもテネシー・ウィリアムズの「去年の夏突然に」やノエル・カワードの「生活の設計」、そしてのちにワイズ主演で映画化もされたニール・ラビュートの「The Shape of Things(映画版の邦題:彼氏がステキになったワケ)」でウエストエンドの舞台に立っている。今回は01年の「The Shape of Things」以来、8年ぶりの舞台となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi