故・伊丹十三氏の遺業を記念。妻で女優の宮本信子が「伊丹十三賞」を創設 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月26日 > 故・伊丹十三氏の遺業を記念。妻で女優の宮本信子が「伊丹十三賞」を創設
メニュー

故・伊丹十三氏の遺業を記念。妻で女優の宮本信子が「伊丹十三賞」を創設

2008年11月26日 12:00

伊丹氏に続く若手クリエイターを募集「マルサの女」

伊丹氏に続く若手クリエイターを募集
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」など監督業のみならず、グラフィックデザイナー、俳優、エッセイストと幅広い分野で活躍し、97年に亡くなった故・伊丹十三氏の遺業を記念して、本年より「伊丹十三賞」が創設された。昨年5月に愛媛県松山市に開館した「伊丹十三記念館」館長であり伊丹氏の妻の宮本信子(女優)ほか、選考委員の周防正行(映画監督)、中村好文(建築家)、平松洋子(エッセイスト)、南伸坊(イラストレーター)らが、11月25日、東京・六本木のTMI総合法律事務所にて記者会見を行った。

「びっくりした・面白い・誰にでも分かる」という伊丹氏のスタイルを継承した作品へのエールというのが、この賞のコンセプト。記念すべき第1回伊丹十三賞の対象は言語表現を主軸としたもの(エッセイやノンフィクションなど)で、その翌年は映像・ビジュアル表現を主軸としたもの(映画、TV番組、CM、イラストレーションなど)と、毎年交互に受賞作を選出、受賞者には賞状と賞金100万円が授与される。

宮本は念願だった伊丹十三賞の創設について、「伊丹映画に関わった人々がその後どんどん活躍していく姿を見て、『みんな忙しくなってよかった。こんなにうれしいことはないよ』と口癖のように喜んでいた伊丹の笑顔が忘れられない。そんな伊丹の想いをこの賞に託したい」と挨拶し、選考委員の面々に感謝の意を述べた。周防監督は、「伊丹さんには『マルサの女』のメイキングを担当していた時にお世話になり、たくさんのことを学ばせていただいた。その恩返しが出来ずじまいだったが、これを機に伊丹さんの想いを反映できるような選考をして、少しでも恩返ししたい」と意気込みを語った。

第1回伊丹十三賞の発表および授賞式は、09年3月19日に東京・六本木の国際文化会館にて行われる予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi