市川崑の幻の名作が15年の時を超え、東京国際映画祭で特別上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月27日 > 市川崑の幻の名作が15年の時を超え、東京国際映画祭で特別上映
メニュー

市川崑の幻の名作が15年の時を超え、東京国際映画祭で特別上映

2008年10月27日 12:00

市川監督の決めポーズの中井&浅野「その木戸を通って」

市川監督の決めポーズの中井&浅野
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年2月に92歳で死去した名匠・市川崑監督の幻の名作「その木戸を通って」が10月24日、第21回東京国際映画祭で特別上映され、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて、主演の浅野ゆう子中井貴一が舞台挨拶を行った。

本作は、93年に市川監督が日本初の本格的長編ハイビジョンドラマとして製作した山本周五郎原作の時代劇。完成直後のベネチア国際映画祭で上映された際には、その映像美が絶賛され話題になったが、今まで劇場公開されることはなく、市川監督のフィルモグラフィーの中で唯一の未公開作となっていた。

製作から15年を経てようやく劇場公開にこぎ着けた本作について、主演の浅野が「ようやく夢が叶った。ずっと大きいスクリーンで見たいと思っていました」と喜びを語ると、一方の中井も「15年間眠らせていたら、食べ物だったら普通は腐って食べることが出来ませんが、映画は腐らないということが分かっていただけると思う。僕も(今回の公開は)うれしいです」とコメント。

また、市川監督との思い出を聞かれた浅野は「監督はお肉が大好きで、すき焼きとオイル焼きを両方とも2人前ずつ召し上がっていました。撮影当時80歳くらいだったのですが、あのパワフルな監督が忘れられません」と話すと、続けて中井も「タバコを一日4~5箱吸って、肉と玉子しか食べない。それでもああやって映画を撮り続けてこられたわけですから、監督を見ていると何が健康にいいのか分からなくなります(笑)」と笑顔で振り返っていた。

その木戸を通って」は11月8日より丸の内TOEI2にて公開され、その後全国順次公開となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi