「北斗の拳」最後の劇場映画を前にケンシロウとユリアが“結魂式” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月16日 > 「北斗の拳」最後の劇場映画を前にケンシロウとユリアが“結魂式”
メニュー

「北斗の拳」最後の劇場映画を前にケンシロウとユリアが“結魂式”

2008年9月16日 12:00

大勢のファンが祝福した“結魂式”「真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝」

大勢のファンが祝福した“結魂式”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1983年から88年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された大ヒットバイオレンス漫画「北斗の拳」の生誕25周年記念イベントとして、連載開始日と同じ9月13日、東京・千駄ヶ谷の日本青年館にて主人公・ケンシロウとヒロイン・ユリアの“結魂式”が催され、「北斗の拳」の生みの親である原作・武論尊、作画・原哲夫、編集・堀江信彦の3氏のほか、司会を務めたお笑いコンビ・ペナルティや元フジテレビアナウンサーの八木亜希子らが来場した。

今回のイベントはアニメ映画「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズ(全5部作)の製作総指揮を務める堀江氏の発案によって実施された企画。堀江氏が「『北斗の拳』のファンは皆“北斗の子”。今度公開される『真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝』が5部作最後の映画になるので、その前に“北斗の子”たちに両親(ケンシロウとユリア)の結魂式を見せてあげたかった」と話すと、「25年前は結魂式が出来るなんて思ってもいなかった。(連載当時は)毎週、最終回のつもりで全力で書いていた」(武論尊氏)、「世紀末の話だし、2人は結婚は出来ないと思っていた。今日はついにこの日を迎えられて嬉しい。応援してくれたみんなのおかげ」(原哲夫氏)とそれぞれにコメントし、改めてファンに感謝の意を表していた。

抽選で選ばれたファン777名が招待された“結魂式”は、「真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝」の音楽を担当した梶浦由記らがライブを行った他、三代目魚武濱田成夫による詩の朗読や、著名人からのお祝いメッセージも多数用意されるなど生誕25周年に相応しい盛大なイベントとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi