宮藤官九郎の岸田戯曲賞受賞作「鈍獣」を、浅野忠信主演で映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月23日 > 宮藤官九郎の岸田戯曲賞受賞作「鈍獣」を、浅野忠信主演で映画化!
メニュー

宮藤官九郎の岸田戯曲賞受賞作「鈍獣」を、浅野忠信主演で映画化!

2008年7月23日 12:00

浅野忠信×クドカンのコラボ実現「鈍獣」

浅野忠信×クドカンのコラボ実現
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画・TVに引っ張りだこの人気脚本家、宮藤官九郎が演劇界の芥川賞といわれる岸田國士戯曲賞を受賞した舞台版ミステリー「鈍獣(どんじゅう)」が、浅野忠信主演で映画化されることになった。CMディレクターの細野ひで晃が初メガホンを取る。

鈍獣」は、生瀬勝久池田成志古田新太による演劇ユニット「ねずみの三銃士」のために宮藤が執筆した戯曲で、04年に上演され、05年に岸田戯曲賞を受賞した。今回、映画のために宮藤が脚本を手直しし、浅野は殺しても死なない鈍感な主人公を演じる。

初めての宮藤作品となる浅野は「以前、『我輩は主婦である』(TBS系列、斉藤由貴主演)というドラマを見て以来、宮藤さん脚本作品の仕事をしてみたいと思っていた。とても楽しみ」とコメント。

また、初監督を務める細野は、CMディレクターとして手がけた日清カップヌードルのCMプロジェクト「FREEDOM」で今年のアジア・パシフィック広告祭(アドフェスト)グランプリを受賞したほか、宮藤が所属するロックバンド“グループ魂”のプロモーションビデオも手がけている。今回、細野が宮藤へ熱心にアプローチしたことで映画化が実現したとのことで、「名実ともに国際俳優である浅野忠信さんが主演。今をときめく宮藤官九郎さんが脚本。この映画は僕の人生の奇跡であります。この奇跡を僕自身、存分に楽しみたいと思っています」と、一歩下がった立場から意欲的なコメントを発している。

鈍獣」は8月~9月上旬まで撮影し、09年公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi