故A・ミンゲラの幻の遺作の監督は、「エリザベス」S・カプールに引き継ぎ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月28日 > 故A・ミンゲラの幻の遺作の監督は、「エリザベス」S・カプールに引き継ぎ
メニュー

故A・ミンゲラの幻の遺作の監督は、「エリザベス」S・カプールに引き継ぎ

2008年3月28日 12:00

[映画.com ニュース] 3月18日に急逝したアンソニー・ミンゲラ監督が準備していたオムニバス映画の短編を、「エリザベス」のシェカール・カプール監督が引き継ぐことになった。

ミンゲラ監督は生前、オムニバス映画「パリ、ジュテーム」の続編となる「ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」の中の1編を監督する予定で自ら脚本を書き上げていたが、ガンに冒されていることを知ると、その摘出手術を受ける前に、カプール監督にもしもの場合の代理監督を依頼していたのだという。

カプール監督が米ハリウッド・レポーター誌に語ったところによると、この短編映画は「命の大切さと、その素晴らしさに気づかないまま、人生を投げ出してしまう人々についての物語」ということで、「アンソニー(・ミンゲラ監督)の魂とともに」映画を監督すると誓っている。

ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」は、ニューヨークをテーマにした短編のオムニバス映画で、カプール監督の他に同じインド出身のミラ・ナイール監督、日本の岩井俊二監督、人気女優のスカーレット・ヨハンソンナタリー・ポートマンが監督デビューを飾ることで注目されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi