アニメ界の巨匠りんたろうの新作は、製作費15億円、日仏合作の3DCG作! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月28日 > アニメ界の巨匠りんたろうの新作は、製作費15億円、日仏合作の3DCG作!
メニュー

アニメ界の巨匠りんたろうの新作は、製作費15億円、日仏合作の3DCG作!

2008年3月28日 12:00

りんたろう監督の新作に海外からも熱い注目 (左から)寺田克也、りんたろう監督「よなよなペンギン」

りんたろう監督の新作に海外からも熱い注目
(左から)寺田克也、りんたろう監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「銀河鉄道999」「幻魔大戦」「カムイの剣」「メトロポリス」など数々の名作で知られるアニメーション監督、りんたろうのオリジナル最新長編アニメーション映画「よなよなペンギン」の製作始動イベントが、3月27日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された東京国際アニメフェア2008にて行われ、りん監督とキャラクターデザインを手がけた寺田克也が登壇した。

よなよなペンギン」は、「ペンギンは空を飛べる」と信じている、ちょっと変わった6歳の少女ココの冒険を描くファンタジー。「時をかける少女」「パプリカ」などで高い評価を受けるアニメーションスタジオ、マッドハウス初の全編3DCGアニメで、15億円の製作費を投じ、日本とフランスの合作で当初から海外展開を視野に入れた作品づくりが進められているという。今年2月のベルリン国際映画祭のフィルムマーケットでの商談で、すでに10カ国と配給の契約を結んだとのことだ。

手塚治虫のTVアニメ「鉄腕アトム」で演出を手がけるなど、日本のアニメーションを黎明期から支え、40年以上のキャリアを誇るりん監督は、「40年以上、2Dのセルアニメをやってきて、そろそろ新しいことに挑戦したいと思った。3DCGといえばピクサーが王道だが、日本人の持つハートウォーミングなテイスト、日本のアニメが40年以上かけて培った2Dセルアニメのテイストを出来るだけ生かして、世界中の子供たちに見てもらいたい」との意気込み。また、りん監督といえば、子供向きの作品でもハードなアクションやドラマ展開がなされるものが多いが、「今回は緩やかでハートウォーミングで、子供にも分かりやすいシンプルなものにしたい。もともと『ムーミン』もやって(演出)いたし、そうしたものに抵抗はない」と抱負を述べた。

よなよなペンギン」は松竹の配給で09年全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi