長嶋一茂製作総指揮・主演作「ポストマン」に父・長嶋茂雄氏も感動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月3日 > 長嶋一茂製作総指揮・主演作「ポストマン」に父・長嶋茂雄氏も感動
メニュー

長嶋一茂製作総指揮・主演作「ポストマン」に父・長嶋茂雄氏も感動

2008年3月3日 12:00

ミスターも感動!「ポストマン」

ミスターも感動!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長嶋一茂が製作総指揮・主演を務めた「ポストマン」の完成披露試写会が3月1日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、長嶋一茂のほか、北乃きい原沙知絵、小川光輝、今井和久監督と主題歌の小松優一が舞台挨拶に登壇した。客席には一茂の父である読売巨人軍終身監督の長嶋茂雄氏も元気な姿を見せ、会場から歓迎の拍手が沸き起こった。茂雄氏は「良かったね。全体的にホロッとくるような感動的な映画だったね」とのコメントを発表した。

本作品は「2年前に出会った郵便局員の献身的な仕事ぶりに感銘を受けた」という長嶋が自ら企画を立ち上げた入魂の一作。自転車での配達に情熱を注ぐ昔気質の郵便局員(長嶋)が思春期の娘(北乃)や幼い息子(小川)とのすれ違いに悩みながらも、手紙を通して人々の心をつないでいく姿を美しい映像でつづる感動作。

「子供の頃、『ロッキー』の(シルベスター・)スタローンに憧れ、いつか父を喜ばせる映画を作りたいと思っていた」と明かした一茂は、「スタッフ、キャスト、関係者の皆さんに感謝します。よくぞ“一茂丸”に乗ってくれた」と感慨深げに語り、深々と頭を下げた。今井監督はそんな長嶋の仕事ぶりを「食事会を開いて現場のコミュニケーションを深めてくれた。弁当にまで気を配るハイレベルなバランス感覚があり、頼もしかった」と絶賛。「優しくしてくれて本当のお父さんみたい」(北乃)、「僕に似て(笑)、カッコよかった」(小川)と劇中の子供たちも父・一茂を讃えた。

また、特別出演の木梨憲武がスペシャルゲストとして登場すると、一茂が「うちの娘は今、憲さんちで遊んでる」と話し、会場の笑いを誘った。木梨は「最高でした! 7回も泣いちゃいました」と友人の映画に賞賛を惜しまなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi