岡田准一「大事な人に電話して」。「陰日向に咲く」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月28日 > 岡田准一「大事な人に電話して」。「陰日向に咲く」初日
メニュー

岡田准一「大事な人に電話して」。「陰日向に咲く」初日

2008年1月28日 12:00

♪1人じゃないってステキなことね「陰日向に咲く」

♪1人じゃないってステキなことね
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在90万部を売り上げている劇団ひとりの同名作家デビュー小説を映画化した「陰日向に咲く」の初日舞台挨拶が1月26日、東京・有楽町の有楽座にて、主演の岡田准一宮崎あおい伊藤淳史平山あや緒川たまき塚本高史三浦友和平川雄一朗監督が出席して行われた。

本作は、ギャンブル狂のシンヤ(岡田)、売れない漫才師の雷太(伊藤)、崖っぷちアイドルのみゃーこ(平山)など、一生懸命に生きながらもどこか日の当たらない9人の姿をユーモアたっぷりに描いた群像劇。

「人は誰しも1人ではない」というメッセージが込められていることから、「1人ではないと感じること」に質問がなされると、「僕も、自分は1人じゃないということを感じやすい仕事をしていると思います。1つ1つの現場を渡り歩いているような気もしますが、10年もやっていると、以前共演した方やスタッフとまた一緒に仕事できる機会もあり、そんな風にどこか繋がっているのかなと感じます」(岡田)、「この仕事をしていると、小さな出会いが後に大きな仕事や出会いに繋がることがあるので、特に感じますね」(宮崎)、「支えてくれる家族や友人がいるからこそ、自分がいるんだと感じられる」(平山)、と思い思いに回答。上映終了後の感動にひたった満員の観客に、心温かい言葉の数々がかけられた。

さらに、ケツメイシの主題歌「出会いのかけら」について、宮崎が「この映画のために作った曲でもあるので、非常に伝わるものがありますね。ぜひ最後まで劇場を出ずに音楽も楽しんで」と語ると、岡田も「似たようなことを言おうとしていてビックリ。“また少し人を好きになっていく”という歌詞がすごく印象的で、“そういう映画になれば”と思いながら撮影していた」と撮影を振り返り、「“家族の声が聞きたい”とか“好きな人に会いたい”と思ってもらえたら幸せ。今日はぜひ、実家や身近な人に電話をして」と呼びかけた。

最後に、岡田と宮崎がひまわり色の巨大ダルマに巨大な筆で目を入れてメガヒット祈願し、舞台挨拶を締めくくった。「陰日向に咲く」は全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi